【訪日外国人】世界人口数第2位のインド。訪日客として意識すべき?~Vol.2中間層の増加と海外旅行について~

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

第1回目は、インドがどんな国なのかについて触れました。
第2回目は、「インド」の中間層増加と外国人旅行客について調べました。果たしてインドの貧困格差は、中間層の増加によって改善されているのでしょうか?また多くのインド人は、どこへ海外旅行に行っているのでしょうか?

まずはじめに、中間層とはなんでしょうか?
経済産業省「通商白書」(2009)によると、家計あたりの年間可処分所得が5,000ドル超(約56万円超)35,000ドル以下(約400万円以下)の層が「中間層」として定義されています。「低所得層」は5,000ドル以下、「富裕層」は35,000ドル超を指しています。
 

次に、インド人の所得人口の推移をまとめてみました。
※引用:http://www.in.emb-japan.go.jp/Japanese/Indian_Economy/3(r).pdf

中間層の増加に伴い、低所得層といわれる貧困層の割合が少なくなっているのが分かります。この中間層ですが、2030年には中国を抜き世界最大の中間層市場を形成されると言われています。

では、インド人はいったいどのような国へ旅行に行っているのでしょうか?

 

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w010_201806.html

 

▼その他記事はこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/

    よろしければこちらもご覧ください
    この記事が役に立ったらシェア!
    メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
    メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

    人気記事トップ10(過去7日間)

    今日の用語

    SEO
    検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

    連載/特集コーナーから探す

    インフォメーション

    RSSフィード


    Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]