グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第19回 機械学習によるデータセンターのエネルギー効率予測

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「 グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第19回 機械学習によるデータセンターのエネルギー効率予測」を公開しました。

はじめに
 今回は、データセンターのエネルギー効率を機械学習で予測するという事例を紹介します。これは、2014年に公開された論文「Machine Learning Applications for Data Center Optimization」で解説されているもので、ニューラルネットワークを用いて、サーバーの稼働率や冷却水の温度設定によるエネルギー効率の変化を予測するというものになります。

Googleのデータセンターにおけるエネルギー効率
 データセンターのエネルギー効率は、一般に、PUE(Power Usage Effectiveness)という指標で計測されます。これは、「データセンター全体の消費電力 ÷ IT機器による消費電力」という計算式で表されるもので、データセンターで消費される電力がすべてIT機器によるものであれば、1.0になります。ただし、冷却設備など、IT機器以外で消費される電力もあるため、実際には1.0よりも大きくなります。PUEを出来る限り小さくして、1.0に近づけることがデータセンターのエネルギー効率改善の目標ということになります。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai219.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]