関数仕様編 その12 (匿名関数と無名関数 その2)

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「関数仕様編 その12 (匿名関数と無名関数 その2)」を公開しました。
匿名関数について、早速続けていきましょう。

匿名関数は、いわゆる「コールバック(callback)関数」としての用途が多いと思います。
というわけで、まず前提になる「コールバック」という概念について学んでいきましょう。
コールバック自体は「他言語でもよく用いられる、プログラムスキルの基本の一つ」になりますので、
しっかりと把握しておきたいところです。

コールバックの説明は、ググると色々出てくるかと思うのですが。
物凄くかみ砕きますと「”とあるほにゃらら”が起きた時に、呼び出したい関数を登録する機能」になります。

古来、C言語界では「シグナル処理」においてコールバックが用いられるあたりで
非常によく散見されたものですが、昨今の、主としてJavaScript界においては
「イベント駆動型プログラミングとして、イベントに対応するイベントハンドラを
コールバック関数という形で記述する」例が散見されます。
せっかくではございますので、新旧取り混ぜた例を出したあと「ンじゃPHPでは?」って
あたりの実例を出していければ、と思います。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/1634/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

リンケラティ
リンクを張ってくれるひとたちを指す造語。 SEOにおいてリンクは重要な要素 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]