※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「関数仕様編 その2」を公開しました。
今回も引数の話ですね。引数の型である「タイプヒンティング」について、少し学んでいきたいと思います。

PHPは所謂「動的型付け言語」になります。
「変数に明示的に型を指定せず、実行時に適切に型を推測してくれる」この型システムは大変に、
特に初学者にとっては便利なものではありますが。

「適切な推測」が、必ずしも本当に「プログラマの意図するところであるかどうか」については状況によるので、
場合によっては「困る」シチュエーションが、僅かながらに、存在します。
一つ、割と分かりやすい実例を。

$a = 2;
if (‘2a’ == $a) {
echo “equal\n”;
} else {
echo “not equal\n”;
}

2aと2の比較なので当然………equalになります。trueです。falseにはなりません…困った事に。
是非、お手持ちの実行環境で試してみて下さい。
筆者はこの問題を勝手に「2a問題」と呼称していますが。
これを始めに聞いた時は、なにげに度肝を抜かれたものでございます。
近しい実例として、以下のケースで実際に「割と深刻な」問題を引き起こします。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/1499/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

CVR
顧客転換率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。 CVR ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]