博報堂DYホールディングスが新プラットフォーム「CREATIVITY ENGINE BLOOM」

AI技術を活用してマーケティングプロセスの高度化を実現、 企業の価値創造を支援

博報堂DYホールディングスは、新しい統合マーケティングプラットフォーム「CREATIVITY ENGINE BLOOM(クリエイティビティ エンジン ブルーム)」を開発したと6月4日に発表した。メディアビジネスやデジタルマーケティングなどのマーケティング領域、クリエイティブ制作支援領域、販促・CRM(顧客管理)などコマース、流通領域までを含めた顧客接点をAI(人工知能)技術を活用してワンストップで統合・管理できる。

新しい統合マーケティングプラットフォーム「CREATIVITY ENGINE BLOOM」

領域横断の新しいコミュニケーション開発やビジネスを創造する。マーケティング戦略の「STRATEGY BLOOM」を中心に、メディア効果を最大化する「MEDIA BLOOM」、よりよいクリエイティブを提供する「CREATIVE BLOOM」、よりよい買い物体験支援の「COMMERCE BLOOM」、生活者との新たな関係を構築する「ENGAGEMENT BLOOM」の5つのモジュール群が相互に連携しあって機能する。

これらを支える仕組みとして独自のAI技術「Human-Centered AI機能」を開発。4月に新設した人間中心のアプローチでAI技術の先端研究開発を行う「Human-Centered AI Institute」の成果も活用する。グループが有する膨大な生活者データを装備した「生活者データプラットフォーム」や、プラットフォーマーやクライアント企業のデータとも連携する仕組みを構築している。

「CREATIVITY ENGINE BLOOM」のサービス体系

グループ内の社員、多様なクリエイティビティを持つ人材同士をマッチングし、新たな関係価値を構築する「Creator's community」の機能も開発する。CREATIVITY ENGINE BLOOMは、同社の「統合マーケティングプラットフォーム推進室」がグループ各社と連携してグループ全体の戦略的ビジネス課題に対応するプロダクト企画を推進。高度なテクノロジーリソースを持つ博報堂テクノロジーズがその開発・実装を担って進める。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]