ブレインパッドがCDP「Rtoaster insight+」に「AIクエリアシスタント」α版を提供

SQLクエリを生成AIで自動生成、専門知識や技術がなくても顧客データの活用が可能に

データ活用で経営改善を支援するブレインパッドは、提供するCDP(顧客データ基盤)「Rtoaster insight+(アールトースター インサイト・プラス)」で、データベース言語のSQLのクエリ(処理要求)を生成AI(人工知能)を活用して自動生成する機能「AIクエリアシスタント」(α版)を一部ユーザーに限定提供を始めたと6月6日に発表した。技術力を備えた体制の構築が難しい企業や部門でも効率的に顧客データを活用できるようになる。

SQLクエリの自動生成機能「AIクエリアシスタント」

AIクエリアシスタントは、CDPに蓄積された顧客データを活用する際に、SQLクエリを自動生成する機能。データの加工や集計で発生するSQLクエリのコーディング(記述)を自然言語による指示へと置き換え、データ活用業務の生産性を高める。顧客データの属性などのメタデータを活用して生成精度が高い。コードの意味や分析の意図を自然言語で解説し、コード内への適切なコメント挿入でSQLクエリの検証まで支援する。

顧客データの活用ではデータエンジニアリングやデータサイエンスの専門知識や技術が必要となる場面があり、SQLクエリの実装作業は企業のデータ活用でボトルネックになっている。AIクエリアシスタント機能は、生成AIを活用することで定型的なデータの集計やユーザーセグメンテーションを、企業が保有する任意のデータ資産に対して柔軟かつ広範に適用できるよう進化させ、専門家不在でも顧客データを活用できようにする。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]