WordPressサイトを静的HTML化してセキュリティ強化するWP Guardをフィードテイラーが開発

WPサイトのコンテンツを自動的に静的HTML化して公開サーバーに自動デプロイすることでセキュリティを強化

WordPress(ワードプレス)で構築されたWebサイトのセキュリティを強力にし、外部からの攻撃の大部分からサイトを守るセキュリティ強化サービス「WP Guard」を、フィードテイラーが10月4日に提供開始した。

WP Guardは、本来ならば訪問者がサイトにアクセスするたびにシステムがHTMLを動的に生成するWordPressサイトを、あらかじめHTMLを作成しておく静的HTMLサイトに自動変換するもの。

問い合わせフォームも静的化し、動的なプログラムを動かさなくても問い合わせ内容をメールで受けられるという。また、アクセスカウンタやサイト内検索も個別に静的化が可能とのこと。

利用には、コンテンツ管理用のWordPressサーバーとは別に、静的HTMLサイトを公開するサーバーを用意する。その後はWordPress上でコンテンツが更新されるたびに、専用のプラグインがサイト全体を静的HTML化し、公開サーバーに自動的にHTMLファイルを転送する仕組み。

公開サーバーを静的HTML化して別サーバーにすることでセキュリティを大幅に強化

これにより、公開サーバーからはWordPressの管理システムは隔離される。

WordPressは利用者が多いコンテンツ管理システムであり、コアシステムとプラグインを含めた脆弱性を狙ってサイトに侵入されるセキュリティ問題が数多く発生している。

WP Guardは、公開サイトを静的HTML化することで、こうしたセキュリティリスクを大幅に低下させる。

管理サーバー側はこれまでと同様の脆弱性対策が必須だが、インターネットに公開しないようにしたり、管理サーバー全体をパスワードなどで保護するなどによって、こちらも大幅にリスクを軽減できる。

WordPressサイトの静的HTML化は、Go言語で同社が独自開発した高速静的かエンジン「espar」を採用しているため、高速に行えるとしている。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

3Eトラップ
「どのチャネルでも、だれにでも、すべてを提供しようと、過剰に投資してしまう」失敗 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]