オープンソースCMS「Drupal」への乗り換え・移行サポートサービスをANNAIが開始

旧バージョンから最新版への移行と他のCMSからの乗り換えの2種類のメニューを提供

ウェブシステム開発のANNAIは、オープンソースのCMS(コンテンツ管理システム)「Drupal(ドルーパル)」への乗り換え・移行をサポートするサービスを始めた、と4月28日発表した。旧バージョンから最新版への移行と、他のさまざまなCMSからの乗り換えの2種類のメニューを提供する。Drupalは大規模なウェブシステムのフレームワークとして活用が進み、世界中に開発者コミュニティがある。米国ホワイトハウスやオーストラリア政府に採用され、信頼度も高い。

Drupalは2015年11月に最新バージョンの「8」が公開された。乗り換え・移行サービスでは、2016年2月24日にサポートが終了した「6」でつくられたサイトの「8」への移行や、サイトの大規模改修に伴うDrupalからDrupalへの同じバージョンでの移行を実施する。他のCMSからの乗り換えは、オープンソース、商用CMSに関わりなく対象にする。乗り換え・移行サービスではサイトの内容をそのまま移し、移行前より機能追加が柔軟になり、デザインも一新できる。

ANNAI
https://annai.co.jp/

Drupal乗り換え・移行サービス
https://annai.co.jp/solutions/migration

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スニペット
検索エンジンにキーワードを入力して表示される検索結果ページで、検索結果の各項目に ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]