モーニングスター、投信運用会社サイトランキングでニッセイアセットがトップ

情報の探しやすと分かりやすさの両面で総合的に優れていると評価、2位は三井住友
よろしければこちらもご覧ください

金融情報サービスのモーニングスターは、投資信託運用サイトの使いやすさや取り組みなどユーザビリティを総合的に評価した「Gomez 投信運用会社サイトランキング」を8月8日発表した。トップはニッセイアセットマネジメントで、情報の探しやすと分かりやすさの両面で総合的に優れていると評価した。2位は三井住友アセットマネジメント、3位はT&Dアセットマネジメントとなった。

投資信託を通じた資産形成が身近になり、各ファンドの特色や運用状況の報告など投資家に向けた情報提供の重要度が増していることから、ランク付した。7月11~19日に、投信協会正会員で自社ドメインの日本語サイトを公開している74サイトを対象に、72項目で調べた。上位に入ったサイトが投資方針や特色、運用状況を伝える努力をしている一方、業界全体では改善すべき点が多かったという。

4~10位は次の通り。
(4)明治安田アセットマネジメント(5)三菱UFJ投信、野村アセットマネジメント(7)岡三アセットマネジメント(8)大和証券投資信託委託(9)日興アセットマネジメント(10)東京海上アセットマネジメント投信

モーニングスター
http://www.morningstar.co.jp/

投信運用会社サイトランキング
http://www.gomez.co.jp/ranking/asset_management/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]