W3CがWebの国際標準規格「Internationalization Tag Set 1.0 」を公開

よろしければこちらもご覧ください

World Wide Web Consortium (W3C) は4月4日、国際化されたXMLコンテンツの実現を容易にする最新のWeb標準として「Internationalization Tag Set (ITS) 1.0 」をW3C勧告として公開した。

「Internationalization Tag Set (ITS) 1.0 」は、特定の地域における言語や文化等の要件を満たすようにコンテンツのローカライズを低コストで実現するWebの国際標準規格。国際化に対応したXMLのスキーマをゼロから設計、構築できるだけでなく、既存のスキーマを国際化対応させたり、既存のコンテンツにおける国際化対応を容易にするなど、世界中で利用可能なXMLコンテンツの制作が可能だ。

さらに、既存のXML文書における国際化への対応が一切の変更を加えずに可能。ITS 1.0 において定義される強力な機能との関係を記述することにより、XHTMLやDocBook、DITA といった旧来からのコンテンツ資産についても、ITS 1.0に対応したローカライズツールを用いることで、低コストで取り扱えるようになる。

World Wide Web Consortium
http://www.w3.org/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]