「マーケティング/広告」「イベント/セミナー」カテゴリの記事 -解説記事

内容カテゴリ「マーケティング/広告」、種別カテゴリ「イベント/セミナー」編集記事を表示しています(全144記事)。

記事を表示する条件を変更する

他の内容カテゴリを表示すべての内容カテゴリ (571)
SEO (31) | SEM (18) | アクセス解析 (38) | CMS (24) | ユーザビリティ/ペルソナ/IA (25) | サイト企画/制作/デザイン (31) | Web担当者/仕事 (165) | モバイル (9) | メールマーケ (6) | EC/ネットショップ (30) | 広報/ネットPR (13) | マーケティング/広告 (表示中) | 調査/リサーチ/統計 (2) | 法律/標準規格 (6) | レンサバ/システム (6) | その他 (94)

他の記事種別を表示すべての記事種別 (1150)
解説/ノウハウ (520) | 事例/インタビュー (175) | 調査データ (73) | コラム (186) | マンガ/小説 (73) | 書評 (28) | 便利ツール/サービス (12) | イベント/セミナー (表示中) | その他 (3) | ランキング/まとめ (0)

他のタイプの記事を表示
全タイプ (1071) | 編集記事 (表示中) | ニュース記事 (0) | ユーザー投稿記事 (927)

「マーケティング/広告」「イベント/セミナー」カテゴリの記事 -解説記事

全 144 記事(記事公開日時の新しい順)

ページ

Web広告研究会 11/14 7:00

動画プラットフォーム各社がショートピッチでサービス内容や動画広告の活用法を解説した。

Web担編集部 11/2 7:00 (191)(63)

15歳~24歳女性のスマートフォンの利用実態調査をもとに、いまどき女子のスマートフォン利用実態を解説。企業の動画広告の活用も整理する。

Web広告研究会 10/10 7:00 (47)(21)

デジタルが生活の一部となった今、企業が取るべきコミュニケーション施策にも変化が求められている。オフィス空間・家具・文具のプラス、化粧品の再春館製薬所、食品事業のハウス食品グループ本社が取り組みを語る。

柏木恵子 10/6 7:00 (233)(410)

マクドナルドのV字回復の舞台裏には、デジタルメディア戦略があった。発売前にネットでどれだけ語ってもらうか、そのためには宣伝だけでなく商品自体の設計も――足立氏のマーケティングは「小手先」ではなく本質的だ。

Web広告研究会 10/2 7:00 (169)(72)

「デジタルマーケティングを推進するために必要な企業のWeb担当組織とは?」――顧客目線に立った価値ある情報配信へと方向転換した三井住友カードのCX改善が語られた。

Web広告研究会 9/19 7:00

2007年に初代iPhoneが発売されてから10年、スマートフォンが浸透して生活者のライフスタイルは大きく変化した。インターネット黎明期から現在まで、これからくる未来をヤフー執行役員 社長室長の志立氏が語った。

Web広告研究会 9/14 7:00

CXの実践は顧客理解をベースに進めることが基本だが、事業内容に応じての顧客体験は大きく異なる。BtoC/BtoBそれぞれの実践をサッポロビールとKDDIが語った。

四谷志穂(Web担編集部) 9/4 7:00 (70)(23)

ネットイヤーグループが8月に主催したメディアラウンドテーブルの石黒氏の講演から、デジタルマーケティングの先進事例や企業導入におけるポイントなどをお届けする。

Web広告研究会 8/29 7:00 (43)(21)

お客様第一だと言葉にしていても実際は企業視点だったということは少なくない。顧客志向の経営支援を行うビービット取締役 武井氏が「デジタル時代におけるCXの実践手法と事例」を語った。

野本 幹彦 6/19 7:00 (82)(32)

激化する競合環境の中で、各企業は自身にとっての高価値ユーザーを定義・可視化し、それらのユーザーに対する顧客体験を向上させることが重要になっている。そのためにはダッシュボードによる顧客構造の可視化、さらには高価値ユーザーを中心としたマーケティング実験の実行が欠かせない。

野本 幹彦 6/14 7:00 (35)(23)

事業領域ごとにサイト開発、集客、ツール、運用が分かれていては、マーケティングを最適化することはできない。物件数No.1の不動産ポータルサイト「LIFULL HOME」を運営するLIFULLの久松氏がマーケティングを統合した際の課題とその解決方法について解説した。

於保 真一朗 2/21 7:00 (282)(50)

組織全体がデータをもとに顧客のエクスペリエンスを考え、専任の担当者だけでなく、さまざまな立場の人が仮説をもとに改善案を出し、テストを進める……英国で300年の歴史をもつロイヤルバンク・オブ・スコットランドをそんな組織へと変革させていったプロジェクトを紹介する。

西 倫英(Web担編集部) 2/9 7:00 (326)(65)

「強い感情喚起は、ユーザーの行動や広告の利益と相関がある」と米アンルーリーのフィル氏は語る。2017年、日本でも感情による動画広告のターゲティングが始まろうとしている。その仕組みと、ニューバランスの国内事例を紹介する。

西 倫英(Web担編集部) 1/31 7:00 (632)(146)(76)

成功するオウンドメディアの秘訣は何か? 1年半で800万訪問を突破した日本ハムの「BBQ GO!」の成功の裏には、入念な事前研究と体制作りがあった。ここでは、オウンドメディアを成功させる3つのポイントを紹介する。

於保 真一朗 2016/12/06 7:00 (63)(31)

「エクスペリエンスビジネス」への変革――その動きを進める企業を支援するAdobe Digital Marketing Cloudの機能を、LINEとの連携やLivefyreの統合などの情報とあわせて紹介する。

於保 真一朗 2016/11/29 10:00 (89)(28)

IoT・AR・機械学習……さまざまなデジタル変革の根底には、「顧客体験の重要性」があり、企業にはデジタル化の第三の波「エクスペリエンスビジネスの変革の波」が迫っている。

西 倫英(Web担編集部) 2016/06/15 7:00 (79)(38)

ビデオリサーチの「ひと研究所」が、「若者」をテーマにしたセミナーを6月7日に東京・丸の内で開催。企業がどのように若者にアプローチしていけばいいかが語られた。

野田 洋輔(Kaizen Pl... 2016/03/08 7:00 (275)(101)(68)

あなたのサイトは、お客さまにとってわかりやすく、かつ、お客さまをビジネス成果に導ける作りになっているだろうか。現状のサイトを元に訪問者の心理や行動の仮説を立て、ページのUIをどう変えればコンバージョンが増えるかを考える、「グロースハッカー」の考え方を参考にしてみるのはどうだろうか。

Web広告研究会 2016/02/10 7:00

シンフォニーマーケティング代表取締役の庭山 一郎氏が、「『CX』と『BtoB』が今、一番熱い ~カスタマーエクスペリエンスとBtoBマーケティングの基礎講座~」と題し、なぜマーケティングオートメーションが注目されているのか、その仕組みや導入のポイントを語った。

稲富 滋 2016/02/08 7:00 (53)

スマホなどのデバイスの普及に伴って消費者の生活は大きく変化しました。一方、企業はどのような変化を遂げたのでしょうか?(HP Engage 2015レポート第3回)

稲富 滋 2016/02/01 7:00 (111)(95)

今後のマーケティングでは、「たった1人のためのマーケティング」をくり返していくことが求められていくという。「HP Engage 2015」から紹介する(HP Engage 2015レポート第2回)。

稲富 滋 2016/01/25 7:00 (86)(29)

ビッグデータで顧客エンゲージメントがどのように変化していくのか? をテーマにしたHP Engage 2015カンファレンスから3セッション紹介します(HP Engage 2015レポート第1回)。

四谷志穂(Web担編集部) 2015/09/10 7:00 (211)(88)(44)

「ディスプレイ広告の指標や効果的な出稿方法」や「広告主が良いメディアを判断するポイント」などについて語ったセミナーをレポートする。

四谷志穂(Web担編集部) 2015/09/02 7:00 (146)(40)

エン・ジャパンが実施したスマートニュースの新しい広告モデルの導入事例と広告のあるべき姿を語ったセミナーの様子をレポート。

【レポート】Web担当者Forumミーティング 2015 Spring

ケンタッキーが取り組む、ユーザー中心の先進的プロモーション効果測定

伊藤 秀樹 2015/08/26 7:00 (207)(44)(22)

日本ケンタッキー・フライド・チキンは、新商品のプロモーションに際して行った効果測定を通し、「キャンペーン担当者が伝えたい“想い”と、ユーザーが関心を持つコンテンツの間にはギャップがある」ことを可視化した。マーケティング施策の優先順位を見直し、最適化を図るための効果測定とは。

四谷志穂(Web担編集部) 2015/08/24 7:00 (368)(243)(33)

ディスプレイ広告における詐欺の実態とディスプレイ広告ってそもそもどうなの? 本音トークを繰り広げた本間氏の講演セッションをレポートする。

於保 真一朗 2015/04/24 7:00 (139)(76)(22)

コカ・コーラのブランドコンセプトを伝える自動販売機による高度なブランド体験や、アンダーアーマーの店舗内デジタルサイネージの事例から、「マーケティングにおけるIoT」をみていこう。
「モノのインターネット化(IoT)」はすでに現実のものになりつつあり、マーケティングの世界にもおおいに関係あるものなのだ。

於保 真一朗 2015/04/23 7:00 (33)

デジタルを主軸においた「マーケティングの再創造」が、夢物語ではなく、現実になってきている。スターウッドホテルが実現した「デジタル体験の高度化」と、それを支えるAdobe Marketing Cloudの新しいソリューションや機能とともに、解説する。
コンバージョン数の急増のような異常値を検出し、その原因をボタン1つで調べてくれる新機能は要チェックだ。

データドリブン・マーケティング&ADフォーラム レポート

貴社の「データドリブン成熟度」は5レベルのどれぐらい?

伊藤 秀樹 2015/04/21 7:00 (43)

効果的なデジタルマーケティングを推進していくためには、単にデータを収集するだけでなく、組織としていかにデータドリブンを判断し、行動できるかが重要となる。データドリブンな組織をつくり、デジタルマーケティングの成熟度を高めるためのポイントとは。組織におけるデータドリブンの成熟度を5レベルに区分して解説する。

データドリブン・マーケティング&ADフォーラム レポート

データドリブンマーケティングの成功に不可欠な3つの要素とは?~DeNAの事例から~

伊藤 秀樹 2015/04/16 7:00 (186)(49)(25)

データドリブンマーケティングを成功させるためには、欠かしてはならない3つの要素がある。しかし、それらの要素を基にマーケティング活動を行っていくためには、さまざまな課題が立ちふさがっている。実践に際してはどのようなツールが有効となるのだろうか。DeNAが自社における実例を紹介する。

データドリブン・マーケティング&ADフォーラム レポート

“良質なWebクリエイティブ”作りに効くデータ収集とモデル化の手法とは?

伊藤 秀樹 2015/03/27 7:00 (52)(34)

データを活用して「良質なWebクリエイティブ」を作るには、言い換えれば、データをクリエイティブとしてアウトプットし、具体的な成果に結びつけるにはどのような手法を用いればよいのだろうか。博報堂アイ・スタジオは、従来培ってきた「クリエイティブ力」に「データドリブン」というコミュニケーションシナリオを掛け合わせるためのデータ収集とモデル化手法について、事例を交えながら紹介した。

データドリブン・マーケティング&ADフォーラム レポート

ネスレ日本のCMOが描く4つの成長戦略とCMOの役割

伊藤 秀樹 2015/03/17 7:00 (43)(30)

「ネスカフェ」や「キットカット」をはじめ、知らない人がほとんどいない業界トップのブランドを多数抱えるネスレ日本。同社のビジネスを支えているのは、たゆまぬイノベーションだった。同社CMOの石橋氏が、自身の経験を踏まえながら、ネスレ日本におけるマーケティング戦略について、成功事例を交えながら解説した。

伊藤 秀樹 2015/03/11 7:00 (146)(32)

マーケティング施策の意思決定を行っていくうえで不可欠なデータ分析。しかし、その実施に際して、不完全でノイズの塊であるデータにどこまで頼ることができるのか。リクルート住まいカンパニーの吉永氏は、マーケティング担当者もデータを本質的に理解することが大事であると語り、教科書には載っていないデータ分析の実務について紹介した。

データドリブン・マーケティング&ADフォーラム レポート

ビッグデータ+人工知能と人間の幸福感がビジネスの業績を向上させる

伊藤 秀樹 2015/03/06 7:00 (54)(37)

マーケティングキーワードとして近年注目を集め続けている「ビッグデータ」。しかし、大量のデータを集めたはいいが、それをどうビジネスに繋げていけばいいのか、困っている企業は多いのではないだろうか。10年間の研究の末に日立製作所がたどり着いたのは、ビッグデータと人工知能との組み合わせによって、従業員の幸福感を高める方策を導きだし、ビジネスの業績を向上させる手法だった。

野本 幹彦 2015/02/04 9:00 (222)(125)(60)

オウンドメディアマーケティングやコンテンツマーケティングに注目が集まっている。実際に実践を始めている企業も増えてきた。初期コストの削減や、ソートリーダーシップの獲得、まだ顕在化していない市場の攻略など、コンテンツマーケティングにはさまざまなメリットがある。コンテンツマーケティングを成功させるポイントとは何か、成功事例を交えながら解説する。

田口 和裕 2015/01/23 7:00 (54)

ユーザー行動データを100%活用し、顧客LTVを最大化する。そのために必要なPDCAを高速かつ効果的に回転させるノウハウ、組織作りはどうあるべきか、Webマーケティングの最先端を走る博報堂アイ・スタジオの鈴木直哉氏が、成果を上げるための実戦手法、組織作りのポイントを詳細に解説した。

Web担編集部 2014/11/10 8:00 (133)(30)

「オンラインビデオの時代が来る」――10年近く言われ続けてきたが、ようやくその時代が本当に来るのではないだろうか。そうした勢いを感じられるセミナーをデジタルインテリジェンスが開催し、同社の横山隆治氏などオンラインビデオに携わる著名講師陣がコンテンツマーケティングや広告、そして、その効果について講演した。その様子をレポートする。

四谷志穂(Web担編集部) 2014/09/10 9:00 (109)(22)

アドテック東京公式セッション以外の展示ブース内・ガラス棟で行われる非公式セミナーをざっくりまとめてみた

日本オラクル 2014/07/30 12:11 (58)

オラクルがお客様の営業・マーケティングに対して今後どのような価値をご提供できるのか? 本イベントは、Oracle Marketing Cloudを活用して先進的な取り組みを行っているお客様の事例や、経験豊かなマーケターによるパネルディスカッションをお聞き頂けるイベントです。8月19日(火)虎ノ門にて開催します。

Web広告研究会 2014/07/18 8:30 (27)(28)

顧客のオムニチャネルに対する期待が高まる一方、店舗やオンラインストアなどのチャネルを連携させることは簡単ではない。企業は消費者とどのようにエンゲージメントを築いていけばいいのか。そのために必要な次世代のストーリーテリングとはなにか。「オムニチャネル時代のコンテンツマーケティング」をテーマに、電通レイザーフィッシュの得丸英俊氏が国内外の事例を交えて解説した。

於保 真一朗 2014/07/17 9:00 (23)(22)

マーケティング担当者のアンケート調査から導き出した、「マーケティングの成熟度」を高めるのに必要な要素と、デジタルをリアルに持ってきているフェデックスやMGMリゾートインターナショナルホテルのデジタル活用事例をお届けする。

【レポート】Web担当者Forumミーティング 2014 Spring

スマホユーザーにリーチする新メディア「FastReach」/ジャストシステム

野本 幹彦 2014/07/09 9:00 (29)(35)

インターネットの利用端末がPCからスマートフォン中心に移りつつあるなか、スマートフォンから集客する新しいメディアが「FastReach」であると、ジャストシステムの石川氏は話す。もっとも身近なインターネット端末であるスマートフォンを活用し、効果的に企業のメッセージを届ける、プロモーテッドアンケートが紹介された講演をレポート。

於保 真一朗 2014/06/19 9:00 (25)

2014年6月12日に六本木グランドハイアット会場にて「Adobe Digital Marketing Symposium 2014」が開催された。Adobe Summitの日本版として開催されており、今年5回目を迎える大規模カンファレンスは、過去最大級の1,500名の参加者が集まった。

今後のデジタルマーケティングに関して考える場となった基調講演についてレポートする。

於保 真一朗 2014/05/15 10:00 (75)(43)

「アドビとSAPがパートナーシップ契約、企業のデジタルマーケティングの分野において」――Adobe Summitで発表されたこのニュースに驚いた人も多いだろう。出自も性質も違うこの2企業どのように連携し、それが企業のマーケ担当者にどう影響するのだろうか。Adobe Summitでの発表内容などを元に考えていく。

Web広告研究会 2014/05/14 9:00 (956)(123)(43)

ビッグデータ以前に、マーケティングの現場ではデータ活用が進んでいない。データドリブンで、データ分析をビジネスに結びつけるにはどうすべきか。Web広告研究会 BigData研究委員会の実践データをもとに、委員長であるヤフーの友澤氏をモデレーターとして、花王、キリン、NECが今後のデータ活用に対する考え方などを議論した。

於保 真一朗 2014/05/13 10:00 (36)(32)

「マーケティングの再創造」、それは、いまデジタルマーケティングに携わる人間が行うべきことだ ―― そんなメッセージに触れたら、あなたはどう感じるだろうか。おそらく「そんな壮大なことを言われても」というのが正直なところではないだろうか。
この記事では、「Adobe Summit 2014」で打ち出された「マーケティングの再創造」というメッセージと、その背景、そして、なぜそれが「壮大な別次元の話」ではないのかを、順を追って解説していく。

Web広告研究会 2014/05/07 9:00 (637)(166)(76)

ビッグデータが注目される一方で、マーケティングにおけるデータ活用は遅れており、勘や経験に頼った施策が行われている。こうした課題を解決するため、Web広告研究会の2014年2月度月例セミナーでは、BigData研究委員会が実施した、外部データや分析手法を用いたデータドリブン・マーケティングの実践例が示された。

柏木恵子 2014/04/07 8:00 (494)(115)(43)

2014年2月、LINEが発表した、「LINEビジネスコネクト」は、LINEと企業システムとの連携を可能にすることで、企業CRMの形を劇的に変えるものとして業界を震撼させた。今や、LINEを知らないというマーケターはいないだろう。登場から数年で、LINEのユーザーは世界で3億7000万、国内で5000万を超え、老若男女のコミュニケーションに欠かせない生活インフラへと成長した。企業からの広告が無視される時代に、LINEはいかにして顧客とのコミュニケーションを実現しているのだろうか。

柏木恵子 2014/03/28 8:00 (28)(27)

ECサイトの解約を防止するにはどんな施策が効果的なのか、機械学習アルゴリズムが的確に判断してくれる――そんなことが実現できたら、Web担当者にとってどれだけありがたいことだろう。ソフトバンク・テクノロジーは、東京理科大学との産学連携プロジェクトを立ち上げ、実務上の課題をテクノロジーで解決する、“データサイエンスの実践”に取り組んだ。

Web担編集部 2014/03/27 8:00 (170)

ソフトバンク・テクノロジー株式会社では、2008年から毎年恒例で、自社のWebマーケティングソリューションのユーザーを対象としたユーザー会を開催してきた。2014年2月28日に六本木アカデミーヒルズで開催された今回は、対象を自社のイービジネスサービス事業部全体のユーザーに広げ、デジタルマーケティングの最新事例を凝縮してユーザーに届ける「イービジネスサービスユーザ会2014 ~NEXT×Digital Marketing~」として開催した。

ページ

このカテゴリの連載/特集コーナー
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

オーガニック検索
検索結果ページに表示されるもののうち、検索連動型広告などの広告表示を除いた、いわ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]