コピペでOK! スクリプトで広告レポートを自動作成

レスポンシブ検索広告、どれが効果的? Google 広告スクリプト×Looker Studioで自動で効果検証

コピペでOK!Google 広告スクリプトとLooker Studioを使って、管理画面ではできない広告文の効果検証を自動化し、グラフで可視化する。

今回は、Google 広告の「レスポンシブ検索広告」における広告文の効果検証を効率化するために、Looker StudioとGoogle スプレッドシートを活用して、自動でグラフ化する方法を解説します。

Google 広告スクリプトを学んでレポート作成を効率的に行っていきましょう!

本連載では、「忙しいのに毎日広告レポートを作成するのは大変だな…」という広告運用者の方に向けて、レポート作成の時間を効率的にするためにGoogle 広告スクリプトを用いたレポート作成を自動化する方法を紹介しています。

広告スクリプトで超時短! 広告文の日次実績を可視化

今回紹介するGoogle 広告スクリプトとLooker Studioを用いることで、広告文(レスポンシブ検索広告)におけるアセット別実績のグラフ作成を自動化できます。

完成グラフ(ぼかし入り)

レスポンシブ検索広告は、広告見出しを最大15本、説明文を最大4本設定できる広告文です。検索結果では設定したアセット(広告見出し・説明文)の組み合わせが広告として表示されます。

Google 広告の管理画面上では、これらのアセットの表示回数を確認できますが、その数値は指定期間の合計です。分析するにはやや扱いづらく、また手動での数値取得が必要なことから日々のレポーティングが煩雑になります。

Google 広告スクリプトとLooker Studioを活用することで、アセットごとの表示回数を推移として確認でき、且つそれらの数値は自動で更新されるようになります。

これによりアセットごとのパフォーマンスが線として可視化され、より精度の高い広告文のPDCAを回すことが期待できます。

広告文の日次実績可視化作業を自動化するために用意するもの

まずはGoogle スプレッドシート、Looker Studio、Google 広告スクリプトのコードを準備します。

スプレッドシートとLooker Studioの準備ができたら、以下のサンプルコードをコピーします。このとき、()内の「スプレッドシートのID」を書き換えてください。IDはURLの「https://docs.google.com/spreadsheets/d/」から「/edit#gid=~」の間です。

  • Google 広告スクリプトのサンプルコード
function main() {
  var spreadsheet = SpreadsheetApp.openById('スプレッドシートのID');
  var sheet = spreadsheet.getSheetByName("raw");
  var report = AdsApp.report(
      "SELECT asset.id, asset.text_asset.text FROM ad_group_ad_asset_view"
  );
  report.exportToSheet(sheet);
}

スクリプト登録手順

ここから手順を説明していきます。

Google 広告にログインする

まず、スクリプトを実行したいGoogle 広告アカウントにログインします。

ログイン直後の画面

スクリプト編集ページを開く

左側のメニューの「ツール」をクリックします。

「ツール」をクリック

「一括操作」を選択し、「スクリプト」をクリックします。

「一括操作」をクリックし、「スクリプト」をクリック

スクリプトの一覧ページが表示されました。次に、「青い+ボタン」をクリックします。

「青い+ボタン」をクリック

「新規スクリプト」をクリックします。

「新規スクリプト」をクリック
スクリプトを記述するページが表示

スクリプトを設定

次は、先ほどコピーしたスクリプトを記述します。スクリプト名を「無名のスクリプト」から「レスポンシブ検索広告アセットレポート」に変更しましょう。

スクリプト名を「レスポンシブ検索広告アセットレポート」に書き換える

右上に表示されている「承認」ボタンをクリックします。

「承認」をクリック

別のウィンドウが開かれます。ログインアカウントをクリックします。

使用したいアカウントをクリックしてログイン

「Allow(承認)」をクリックします。

「Allow(承認)」をクリック

先述した以下のサンプルコードを記述し、右下の「プレビュー」をクリックします。

function main() {
  var spreadsheet = SpreadsheetApp.openById('スプレッドシートのID');
  var sheet = spreadsheet.getSheetByName("raw");
  var report = AdsApp.report(
      "SELECT asset.id, asset.text_asset.text FROM ad_group_ad_asset_view"
  );
  report.exportToSheet(sheet);
}
サンプルコードを記述
右下の「プレビュー」をクリック

右下の「承認」をクリックします。

「承認」をクリック

別のウィンドウが開かれます。ログインアカウントをクリックします。

使用したいアカウントをクリック

「Allow(承認)」をクリックします。

「Allow(承認)」をクリック

右下の「プレビュー」を押下します。

「プレビュー」をクリック

「プレビュー」のほかに「実行」というボタンも存在しますが、レポート作成においてはどちらも挙動に違いはありません。

「raw」のシートにアセットID・アセットテキストが反映

実行スケジュールを設定

スクリプトが上手く動いたのを確認したら、次はスクリプトを実行する頻度を設定します。
スクリプトの一覧ページを表示し、「レスポンシブ検索広告アセットレポート」行の頻度列の「-(ハイフン)」をクリックします。

「‐」をクリック

実行頻度や時間を設定して「保存」をクリックします。これで、定期的にレスポンシブ検索広告アセット取得のスクリプトが実行されます。

頻度を設定して保存

Looker Studioのグラフ作成手順

ここから先は、Looker Studioでのグラフ作成手順を解説します。

データソース連携

Looker Studioのホーム画面の左上にある「作成」をクリックします。

Looker Studioの「作成」

「レポート」をクリックします。

「レポート」をクリック

データソースを選択する画面が表示されたら「Google 広告」をクリックします。

「Google 広告」をクリック

レポート作成対象のGoogle 広告のアカウントを選択し、右下の「追加」をクリックします。

レポート作成対象のGoogle 広告のアカウントを選択し、右下の「追加」

レポート作成画面が表示されます。

レポート画面が表示

Google 広告スクリプトで出力したアセットの情報をデータソースとして追加するため、メニューの「リソース>追加済みのデータソースを管理」をクリックします。

リソース>追加済みのデータソースを管理

「データソースを追加」をクリックします。

「データソースを追加」をクリック

「Google スプレッドシート」をクリックします。

「Google スプレッドシート」をクリック

先ほど出力したスプレッドシートを選択し、「追加」をクリックします。

出力したスプレッドシートを選択し、「追加」

データソース統合

これで必要なデータソースを追加できました。今回はGoogle 広告とスプレッドシートのデータを組み合わせてグラフを作成するため、データソースの統合を行います。「リソース>統合を管理」をクリックします。

「リソース>統合を管理」をクリック

「統合を追加」をクリックします。

「統合を追加」をクリック

Table1にスプレッドシートが選択されているので、▼を押して、Google 広告を配置します。

「▼」をクリック
「Google 広告」​​​​を選択

「別のテーブルを結合する」をクリックし、スプレッドシートを選択します。

「スプレッドシート」を選択

必要な項目をGoogle 広告、スプレッドシートそれぞれで選択します。

必要な項目をGoogle 広告、スプレッドシートで設定

Google 広告では以下の項目を選択します。

ディメンション

ディメンション

キャンペーン

ディメンション

広告グループ

ディメンション

広告の種類

ディメンション

Asset type

ディメンション

Asset ID

指標

表示回数
ドラッグ&ドロップで上記の通り設定していく
Google 広告の設定

スプレッドシートでは、以下の項目を選択します。

ディメンション

asset.text_asset.text

ディメンション

asset.id

スプレッドシートの設定

各項目の設定が完了したら「結合を設定」をクリックします。

「結合を設定」をクリック

結合の設定画面が表示されます。結合演算子として「左外部結合」を選択し、結合条件として左側に「Asset ID」、右側に「asset.id」を選択します。これを行うことにより、Google 広告のアセットIDをキーに、スプレッドシートに出力したアセットテキストが連携されます。

「左外部結合」を選択、左側は「Asset ID」、右側は「asset.id」を選択

「保存」をクリックして、閉じます。

「保存」をクリック
「閉じる」をクリック

グラフ作成

データが読み込まれるので、ここからグラフの作成を進めます。

データが読み込まれる

データソースを「統合データ」に変更します。

「統合データ」に変更

さらにグラフの種類を「積み上げ縦棒グラフ」に変更します。

グラフの右側を選択して
「積み上げ縦棒グラフ」に変更

グラフに必要な項目を入力します。

グラフ作成に必要な項目

グラフを作成するために必要な選択項目は以下の通りです。

ディメンション

内訳ディメンション

asset.text_asset.text

並び替え

日(昇順)

サブの並び替え

表示回数(降順)

グラフが作成されました。

グラフが表示

グラフのサイズを整え、「コントロールの追加」を選択し「プルダウン リスト」「期間設定」のフィルタを追加していきます。

「コントロールの追加」を選択し「プルダウン リスト」「期間設定」のフィルタを追加

プルダウン リストでは「キャンペーン」「広告グループ」「Asset Type」を追加しました。「Asset type」では広告見出し(Headline)、説明文(Description)を選択できます。

「プルダウン」や「期間設定」で使いやすいようにカスタマイズ

グラフ作成時の注意点

Looker Studioの「積み上げ縦棒グラフ」ではデフォルトの系列数が10個となっており、表示回数が多い10個のアセットが表示されます。系列数は最大20個まで設定することができますので、20個に変更しておきましょう。

スタイルを選択して系列数を20個に変更

編集モードから表示モードに切り替えて完成です。

表示をクリック
グラフが完成!

まとめ

Google 広告スクリプトとLooker Studioを組み合わせて活用することにより、レスポンシブ検索広告のレポーティングの自動化と、日次形式での可視化を実現することができました。広告運用における主要な改善項目として入札・ターゲティング・クリエイティブがありますが、入札は自動入札、ターゲティングは部分一致の活用が進み、人はクリエイティブ改善に集中できるようになりました。今回作成したグラフも活用して、日々のPDCAに役立ててみてください。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]