周年記念動画のおすすめの事例紹介!企業や学校での活用シーンや失敗しない方法も解説 | VIDEO SQUARE

VIDEO SQUARE - 2024年7月9日(火) 17:52
このページは、外部サイト VIDEO SQUARE の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「周年記念動画のおすすめの事例紹介!企業や学校での活用シーンや失敗しない方法も解説」 からご覧ください。

周年記念動画のおすすめの事例紹介!企業や学校での活用シーンや失敗しない方法も解説

企業や学校の歴史を魅力的に伝える周年記念動画。そんな周年記念動画を制作すれば、組織の価値を効果的にアピールし、長期的に活用できる貴重な資産となりえるでしょう。

この記事では、周年記念動画について、活用シーン、制作のメリット、具体的な制作方法、成功事例などをお伝えしつつ、失敗しないための注意点についても解説していきます。

これから周年記念動画を制作したいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

周年記念動画の活用シーン

周年記念動画は、企業や学校の歴史や成果を視覚的に伝える効果的なツールで、式典での上映、Web公開、社内教育や採用活動など、様々な場面で活用されています。

ここでは、主な3つの活用シーンについて詳しく見ていきます。具体的な活用シーンを参考にして、制作を検討してみてください。

活用シーン1|周年記念式典やイベントでの上映

周年記念動画は、式典やイベントのオープニングで上映するのが一般的です。動画は企業や学校の歴史を振り返り、参加者の一体感を高める効果が期待できます。

また、イベントのコンセプトを分かりやすく伝え、華やかな演出で式典やイベントを盛り上げます。周年記念動画は、参加者に感動を与え、記憶に残る周年行事を演出するのに適しています。

活用シーン2|企業WebサイトやSNSでの公開

周年記念動画を企業のWebサイトやSNSで公開することで、より広い対象に向けて情報を発信できます。歴史や創業者の想いをエモーショナルに表現することで、企業の魅力を効果的に伝え、新たなファンの獲得や企業ブランディングの強化につながります。

WebサイトやSNSを通じて手軽に公開でき、長期間にわたって幅広く活用できることも特徴です。これにより、投資対効果の高い情報発信ツールとして機能します。

活用シーン3|社内教育や採用活動での活用

周年記念動画は、社内教育や採用活動の両面で効果的に活用できます。社内向けには企業理念や歴史を共有することで、社員のモチベーション向上と組織の一体感を高めるのに役立ちます。

採用活動では、企業の魅力や職場の雰囲気を視覚的に伝えて求職者の興味を惹きつけ、優秀な人材の獲得につながるでしょう。また、企業文化や具体的な業務内容を明確に示すことで入社後のミスマッチを減らし、離職率の低減にも貢献します。

企業や学校が周年記念動画を制作するメリット

企業や学校が周年記念動画を制作することには、多くのメリットがあります。

長い歴史や成長の過程を効果的に伝え、組織の価値を高められるだけでなく、長期的に活用可能な資産となり、ブランド価値の向上に貢献します。

さらに、記念イベントを盛り上げる効果があり、多様なメディアを通じて幅広い層に発信できるという利点もあるのです。以下では、これらのメリットについて詳しく解説していきます。

メリット1|歴史や成長過程を効果的に伝えられる

周年記念動画は、企業や学校の歴史や成長過程を視覚的かつ効果的に伝えるツールです。

創業時の苦労や重要な転換点、成功の瞬間などを映像や音声で表現することで、文字や静止画だけでは伝えきれない感動と臨場感を視聴者に与えます。

例えば、古い写真や映像を活用し、ナレーションや音楽を加えることで、組織の歩みを魅力的に表現できます。また、関係者のインタビューや証言を織り交ぜると、より人間味のある内容にすることも可能です。

動画ならではの表現力を活かして、組織の歴史や成長過程を印象深く伝えることができるのが、周年記念動画のメリットです。

視聴者の心に残る感動的な動画を作り出すことができるでしょう。

メリット2|資産として長期にわたって活用できる

周年記念動画は、一度制作すれば長期にわたって活用できる貴重な資産です。

その用途は多岐にわたり、イベントや式典での上映はもちろん、新入社員や学生のオリエンテーション、取引先への企業紹介、ウェブサイトやSNSでの公開など、様々な場面で繰り返し使用できます。

データさえ残っていれば、時間が経過しても組織の歴史や理念を伝える重要な資料としての価値は失われません。

さらに、将来の周年記念事業の際にも、過去の映像素材として活用できるため、長期的な視点で見ても非常に有効な投資となります。

このように、周年記念動画は一度の制作で多様な用途に活用できる、費用対効果の高いコンテンツなのです。

メリット3|ブランド価値の向上につながる

周年記念動画の制作は、企業や学校のブランド価値向上に大きく貢献します。組織の歴史や理念、社会貢献活動などを魅力的に伝えることで、視聴者に対して信頼感や親近感を生み出すことも可能です。

特に、長年にわたる実績や、困難を乗り越えてきた経緯を示すことは、組織の強さや信頼性をアピールする手段となるでしょう。

また、未来へのビジョンや目標を明確に示すことで、ステークホルダーの期待や支持を集めることも可能です。

さらに、高品質な動画制作自体が組織の先進性や創造性を表現する手段となり、ブランドイメージの向上につながります。洗練された映像や音楽、ナレーションなどを通じて、組織の価値を視覚的・聴覚的に伝えるツールとなるのです。

メリット4|記念イベントを盛り上げる効果がある

周年記念動画は、記念イベントや式典を盛り上げる重要な役割を果たします。参加者の感情を揺さぶり、イベントの雰囲気を高める効果が期待できるでしょう。

例えば、組織の歴史を振り返る感動的な映像や未来への展望を示す力強いメッセージなどを盛り込むことで、参加者の一体感を高めるのはもちろん、組織に対して心を寄せてもらいやすくなります。

また、社員や学生、関係者のインタビューを織り交ぜることで、より身近で親しみやすい内容になるのです。

さらに、音楽や効果音を効果的に使用し、視聴者の感情に訴えかけると、イベント全体の印象を深められます。

このように、周年記念動画は単なる映像作品以上の価値を持ち、記念イベントの成功に大きく寄与するのです。

メリット5|マルチメディアで発信できる

周年記念動画の大きなメリットは、様々なメディアを通じて幅広い層に発信できることです。動画コンテンツは従来の紙媒体や静止画像と比べ、視聴者の興味を引きやすく、情報の伝達力も高いため効果的な広報ツールとなります。

例えば、YouTubeやSNSなどのオンラインプラットフォームを活用すれば、国内に留まらず世界中の視聴者にアプローチできます。また、テレビCMや交通広告など、オフラインメディアでの活用も可能です。

さらに、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスでの視聴に適したフォーマットで制作することで、より多くの人々に手軽に視聴してもらえます。

このように、周年記念動画はマルチメディア展開が可能な柔軟性の高いコンテンツとして、組織の魅力を広く発信する強力なツールとなるのです。

周年記念動画の制作方法

効果的な周年記念動画の制作には、以下の5つのステップがあります。

1.企画や目的を設定する
2.シナリオや絵コンテを作成する
3.素材の収集や撮影をする
4.動画の編集作業をする
5.音声・BGMの追加と最終確認

各ステップの概要と注意点を解説し、魅力的な周年記念動画の制作方法をご紹介します。

STEP1|企画や目的を設定する

周年記念動画制作の第一歩は、明確な目的と企画の設定です。この段階では、動画の対象者が社内向けか社外向けかを特定し、伝えたいメッセージ、予算、完成時期などを決定します。

企業の歴史や成果、将来のビジョンを効果的に伝えるため、キーとなる出来事や人物を選定し、ストーリー性のある構成を考えましょう。また、動画の長さや使用する素材の種類(実写、アニメーション、アーカイブ映像など)も検討します。

STEP2|シナリオや絵コンテを作成する

企画に基づき、具体的なシナリオと絵コンテを作成します。シナリオでは、ナレーションやインタビューの台詞、画面に表示するテキストなどを詳細に記述します。

絵コンテは、各シーンの構図や演出、使用素材、時間配分などを視覚的に示します。この段階で関係者と内容を十分に確認し、修正を重ねることで、スムーズな制作進行と質の高い動画制作が可能になります。また、後の工程での手戻りを減らし、効率的な制作につながるでしょう。

STEP3|素材の収集や撮影をする

シナリオと絵コンテに基づいて、必要な素材を収集・制作します。まず、過去の写真や映像、社史資料などを整理し、デジタル化しましょう。

新規撮影が必要な場合は、ロケーションの選定や出演者の手配、撮影機材の準備を進めます。インタビューや社内風景の撮影では、自然な表情や雰囲気を捉えることが重要です。

アニメーションやグラフィックを使用する場合は、デザインの検討や制作を並行して進めましょう。

STEP4|動画の編集作業をする

収集・制作した素材を、シナリオと絵コンテに沿って編集します。映像のカット割り、テロップやグラフィックの挿入、トランジション効果の適用などを行い、ストーリーの流れを作ります。

この段階で、動画の長さや内容のバランスを調整し、視聴者の興味を引き付ける構成に仕上げましょう。必要に応じて、色調補正やスローモーション、ズームなどの特殊効果を加えて、より印象的な映像表現を目指します。

STEP5|音声・BGMの追加と最終確認

編集した映像に、ナレーション、インタビュー音声、BGM、効果音などを追加します。音声は明瞭で聞き取りやすいものを選び、BGMは映像の雰囲気に合ったものを使用しましょう。

音量バランスや音の切り替えにも注意を払い、視聴者が快適に動画を楽しめるよう調整します。最後に、全体を通して視聴し、以下の点を確認しましょう。

  • 映像と音声の同期
  • テロップの誤字脱字
  • 著作権の確認
  • 全体的な流れと印象

必要に応じて修正を加えて完成させます。

失敗しないための周年記念動画の注意点

周年記念動画は企業の歴史や価値観を伝える重要なツールですが、制作には様々な落とし穴があります。

成功のためには、視聴者を飽きさせない構成、明確な目的とターゲットの設定、そして必要に応じてプロの力を借りることが重要です。

以下では、これらの注意点について詳しく解説します。

視聴者が飽きない動画構成にする

周年記念動画では、視聴者を惹きつける構成が不可欠です。時系列に沿った構成を意識し、過去・現在・未来という流れを崩さないようにしましょう。

また、創業者や社員のインタビューを自然に取り入れることで、説得力と親近感を高められます。さらに、3〜4分程度の適切な長さに編集し、YouTubeなどの動画配信プラットフォームでの公開も視野に入れることで、幅広い層に訴求する魅力的な動画が制作できます。

制作目的とターゲットを明確にする

周年記念動画の成功には、制作目的とターゲットを明確にすることが大切です。社内向けか、顧客向けか、採用活動に活用するのかによって、内容や構成は大きく変わってきます。

ターゲットの年齢層や職業、関心事なども考慮し、適切な訴求ポイントと伝え方を選びましょう。また、周年事業全体との連携も重要です。周年記念誌や専用サイトなど、他の施策とメッセージの一貫性を保つことで、より効果的な動画となります。

不安ならプロの動画制作会社に外注する

周年記念動画の制作に不安がある場合は、プロの動画制作会社に外注を検討しましょう。専門知識や技術を持つプロに依頼することで、質の高い動画を制作できます。

ただし、外注する際は予算をあらかじめ決めておくことが重要です。動画の長さや撮影の規模、アニメーションの質などによって制作費が大きく変わるため、事前に予算の上限を設定しておきましょう。

また、納期についても明確に決めておくことで、想定していた公開日に間に合わないリスクを回避できます。

周年記念動画の制作事例

周年記念動画は、企業や団体の歴史や成果を効果的に伝える重要なツールです。以下では、さまざまな業界で制作された周年記念動画の事例を紹介します。

これらの事例を通じて、周年記念動画の多様性と創造性を理解し、自社の周年記念動画制作の参考にしていただけるでしょう。

制作事例1|20周年記念動画「ロジザード株式会社」(Crevo制作実績)

動画の種類 実写動画・アニメーション 長さ・尺 120秒〜 費用レンジ 100〜299万円

ロジザード株式会社の20周年を記念して制作された動画は、同社の歴史と成長を印象的に表現しています。動画では、創業時の苦労や主要な事業展開、技術革新などが時系列で紹介されており、会社の成長過程を分かりやすく伝えています。

特に、物流業界におけるデジタル化の先駆者としての役割が強調されており、未来志向のメッセージも込められています。

制作事例2|「東洋美術学校」70周年記念動画(Crevo制作実績)

動画の種類 アニメーション 長さ・尺 15秒〜30秒 費用レンジ 〜49万円

美術の専門学校である「東洋美術学校」の70周年記念動画です。イベントでの放映を想定して制作しています。

70年の歴史と実績を示すとともに、100周年に向けた新たなステージという未来のビジョンを提示し、伝統と革新のバランスを表現しています。「70」「100」という数字を強調させるために、モーショングラフィックを活用したシンプルなストーリーです。

制作事例3|周年記念動画 ゲーム「怪盗ロワイヤル」(Crevo制作実績)

動画の種類 アニメーション 長さ・尺 60秒〜120秒 費用レンジ 100〜299万円

人気モバイルゲーム「怪盗ロワイヤル」の10周年を祝う記念動画です。昔のユーザーとの再接点を目的とし、懐かしさを感じさせる水彩画タッチで制作しています。

ストーリーは、友人との再会をきっかけに主人公が「怪盗ロワイヤル」を思い出し、ゲームにログインする展開です。過去の思い出が走馬灯のように描かれ、視聴者の共感を誘います。

最後に「怪盗ロワイヤル10周年で検索」と促すことで、キャンペーンサイトへの誘導を図っています。

この動画は、懐かしさを喚起しつつ、ゲームを「昔の仲間と再会できる場所」として再定義し、効果的なリブランディングを実現しています。

制作事例4|周年記念動画 タクシー配車アプリ「DiDi(ディディ)」(Crevo制作実績)

動画の種類 アニメーション 長さ・尺 60秒〜120秒 費用レンジ 100〜299万円

タクシー配車アプリ「DiDi(ディディ)」のリリース1周年を記念して制作されたサービス紹介動画は、イベントでの放映やウェブサイトでの掲載を想定しています。

動画では、DiDiが1年で広く普及した様子を多面的に紹介し、最後にDiDiが支持される理由として、従来にない移動体験を提供している強みを強調しています。

インフォグラフィックを効果的に活用し、ポイントを端的に表現することで、視聴者に分かりやすく情報を伝えています。

制作事例5|Crevo創立5周年記念動画


最後に、Crevoが制作したCrevoの創立5周年記念動画をご紹介します。この動画では、Crevoがこれまで手がけてきた多様な動画・映像作品を紹介しています。

動画にあるとおり、アニメーション動画によるサービス紹介から、テレビCMの制作まで、幅広い制作が可能です。皆様の周年記念動画制作の際には、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

周年記念動画制作ならCrevoへ

Crevoは、2,000社10,000件以上の制作実績を持つ動画制作会社です。周年記念動画制作においても、豊富な経験とノウハウを活かし、クライアントのニーズに合わせた高品質な動画を提供しています。

アニメーションや実写など、幅広い表現方法に対応し、企画から納品まで一貫したサポートを行います。低価格で高品質な動画制作を通じて、お客様の大切な節目を印象的に演出します。周年記念動画でお困りの企業様は、ぜひCrevoにご相談ください。

Crevoの関連サービス

学校紹介動画の動画制作
会社紹介動画の動画制作

周年記念動画の関連記事

イベント告知動画の成功事例9選!メリットと印象に残る動画のポイントを解説
イベント動画を最大限活用する方法!制作の流れとコツ
動画マーケティングの参考に!最近バズった企業広告8選

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]