2023年7月1日にGA(ユニバーサルアナリティクス)が計測終了とのアナウンスと所感 | リアルアクセス解析

リアルアクセス解析 - 2022年3月17日(木) 09:15
このページは、外部サイト リアルアクセス解析 の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「2023年7月1日にGA(ユニバーサルアナリティクス)が計測終了とのアナウンスと所感」 からご覧ください。

2022年3月16日に「Google Analytics(ユニバーサルアナリティクス)」の計測終了に関するアナウンスが行われました。無償版の計測終了日は2023年7月1日です。

 

plain



 

日本語の公式ヘルプ(今後も更新されるようです)

support.google.com

 

英語版ブログでのアナウンス

blog.google

 

公式ヘルプにもありますが、重要なポイントをピックアップすると

 

ポイント

・Google アナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)の計測停止は2023年7月1日。送られてきたヒットが処理されなくなります。つまりタグが入っていてもGA上には数値が出てこない。有償版も2023年10月1日に計測終了。

 

・APIに関しても同様の日程となるため、APIを利用している場合は後述するGA4のAPIへの移行が必要になります。

 

・Google広告とGoogle アナリティクスを連携している場合は、上記日付以降はGoogle広告にデータが送られなくなります。

 

・その後、Google アナリティクスの過去の数値(2023年7月1日以前のデータ)は画面上で少なくとも半年(つまり2023年12月31日)までは見ることが可能。過去のデータを保存したい場合は、GAの画面上からデータをダウンロードしておいた方が良い。有償版の場合はBigQueryでデータが保存されているはずなので、そちらも利用が可能かなと。

 

・2023年12月31日以降、どこかのタイミングでユニバーサルアナリティクスの画面にアクセスができなくなります。この日程に関しては、(2022年3月17日現在から)数ヶ月以内にアナウンスされるとのこと。

 

(立場によって)今後どうすればよいのか?

GoogleとしてはGoogle Analytics 4への移行を強く推奨しています。ユニバーサルアナリティクスの次世代版として2020年10月に正式リリースされたツールを今後は推進していくという形になります。

 

計測記述や取得出来るデータ、レポートなども大きく違うため慣れが必要です。法人サイトは、無料で使えるアクセス解析ツールで他に有力な選択肢は少ないため、移行をせざるを得ないかなと。今回の終了アナウンスを機会に、既存のユニバーサルアナリティクスの設定などを見直し、GA4の実装や設定を行っていくことになります。

 

またその周辺のソリューションを利用している場合’(例:Googleデータポータル、Google SpreadsheetでのGAデータ取得プラグイン、GA360のBig Query)これらもGA4に移していく必要があります。また広告代理店や制作会社にGAのデータを使ってレポートなどを作成してもらっている場合(あるいは提供側の場合)もGA4にあわせた運用変更が必要となるでしょう。この運用移行も含め残り15ヶ月という事になります。

 

カートASPやCMS側も対応を迫られます。利用者もGA4に対応しているか否かを選定の理由のすることにもなりそうです。前年同月の数値比較を視野にいれると、今年の6月末までの対応が必要になります。この辺りも影響は大きいでしょう。

 

国内ではまだ表面化していませんが、データ取得の同意やプライバシーに関する対応なども必要になってくるかなと(GA4が実現したいことの一つでもあるので)。

 

個人サイトに関しては、Wordpressやブログサービス等が対応すれば自然と導入が進む感じはしております。ただツールとしての難易度は上がっていると思うので、導入はしたけど「正しく設定されていない」「使い方がわからない」などの理由によってユニバーサルアナリティクスほど、利活用は進まないと感じています。昨年対比などが必要ない場合は、今後情報が増えてくるのでそれを待ってもよいかなと。

 

情報量は今後も一気に増えるがGA4はまだ未完成

デッドラインが決まり、法人サイトはGA4に移行せざるを得ないという事になると、その周辺の業務や情報量は確実に増えます。

セミナーや書籍などはこれから沢山出てきますし、制作会社・広告代理店・コンサル会社などは忙しくなりそうですね。

 

ただ個人的には、GA4はまだ未完成のツールだと日々設定して、使っていて強く感じます。不慣れでは説明出来ない使いにくさ、仕様上の不明確さや突然の仕様変更は現在進行形で行われています。もう少し安定してから終了日をアナウンスしてもよかったと思います。

 

表面上はデータ取得出来ていても、どのようにデータ取得がされていて、どのようにレポートや探索機能に数値として現れているのか。この辺りは今後も情報が錯綜するし、まだ変わっていくことが用意に想像できます。

 

皆様も情報収集する際には、なるべく最新の情報を調べることをオススメします。私自身も今までに発信した情報で現在は仕様が変わったり、使えなくなったりしているものもあれば、出来ないと言っていたけど出来るものも増えてきております。専門家でもキャッチアップするのが大変です。

 

というわけで、細かい仕様等は専門家や代理店、社内のアナリスト専任の方などにおまかせし、まずはGA4の導入と画面操作になれるところからスタートかなと思います。

  私も色々と準備を進めております

・GA4の情報サイトを今月末(2022年3月末)にベータリリースします。スクリーンショットをいくつか。

plain

plain

plain

 

・GA4の書籍は夏頃を予定しております。上記サイトがリリース次第、着手開始。

 

・GA4のオンライン勉強会やセミナーは4月から順次開催していきます。「GA4の画面利用編」と、「GA4の実装設定編」の2つを毎月開催出来ればなと。

 

・弊社「HAPPY ANALYTICS」でもGoogle Analytics 4の実装・設定・移行などのサポートを行っているので、ぜひお問合せください(宣伝)。現在も常に複数サイトのGA4案件を行っておりますし、本日もGA4の社内勉強会です。

 

最後に

というわけでいよいよXデーが決まりましたね。個人的には思ってたよりはちょっと早いイメージでしたね(2024年くらいかなと想定していました)。しかし、残り15ヶ月という事で、気づいたらあっという間にその日がやってくるかなと。

 

こうなった以上、Google Analytics 4 を活用するか、他のツールにうつるか、アクセス解析をしないの三択になりました。ただ、こういったタイミングは改めて計測するべきデータを整理したり、KPIやレポートを見直したりする良い機会です。

 

ぜひマーケターやウェブアナリストはGAの計測終了を理由に、しっかり整理をする機会とポジティブ捉えていきましょう。私もがんばります!

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Googleウェブマスターツール
Google Search Consoleの旧称。 同義語 の「Googl ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]