Firebase Analytics の新機能と わかりやすい新名称 | Google Analytics 日本版 公式ブログ

Google Analytics 日本版 公式ブログ - 2017年5月19日(金) 13:42
このページは、外部サイト Google Analytics 日本版 公式ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「Firebase Analytics の新機能と わかりやすい新名称」 からご覧ください。
この記事は、Google アナリティクス ソリューション 英文ブログ記事 「Firebase Analytics Gets New Features and a Familiar New Name」を元に構成しております。

2016 年の I/O において、Firebase の機能を拡張して Google のアプリ デベロッパー向け統合プラットフォームとすることを発表してから、早 1 年が経ちました。Google アナリティクス チームとの共同開発により、アプリの分析とレポートに関する機能を刷新した Firebase のご提供の始まりでした。

2017 年の I/O では、アプリ分析を次のレベルに引き上げる新しい機能とさまざまな統合が紹介され。しかしその前に少し、お伝えしておきたいことがあります。昨日(米国時間 5 月 17 日)をもって Firebase Analytics の名称を廃止し、すべてのアプリ分析レポートの名称を Google アナリティクス ブランドに統一いたします。

この最新世代のアプリ分析機能は、今後もこれまでどおり Firebase コンソールと Google アナリティクスの両方でご利用いただけます。Google ではアプリ分析の名称を Google アナリティクス ブランドに統一することで、どちらのソリューションでも同様のアプリデータを利用できることがユーザーに明確に伝わるものと考えております。今後 Firebase とその関連ドキュメントにおいて、アプリ分析機能は「Firebase 向け Google アナリティクス」と呼ばれるようになります。この名称変更の詳細については、本投稿を最後までお読みください。


注: 以下の新機能は、Google の最新世代のアプリ分析に適用されます。
これらの新機能をご希望の場合は Firebase SDK をご利用ください。


では、新機能について見ていきましょう。


AdMob との統合
アプリ分析と AdMob が完全に統合され、AdMob で収集した収益やインプレッション、クリックのデータと Firebase SDK で収集した他のイベントデータを結び付けられるようになりました。こうしたデータはすべて、Google アナリティクスの最新のアプリレポートと Firebase コンソールのどちらでもご確認いただけます。

この統合により、アプリ会社では分析データに広告収益を含められるようになり、アナリティクス レポートで個々のアプリのパフォーマンスを把握できるようになります。統合によって AdMob データとアナリティクス データがイベント単位で結び付き、まったく新しい指標が登場し、既存の指標を掘り下げて分析できるようになりました。たとえば、次のような疑問に対する答えを分析で明らかにできます。
  • 広告収益と購入収益の両方を考慮した、セグメントの本当のライフタイム バリューは?
  • リワード広告はユーザー エンゲージメントやライフタイム バリューにどのように影響しているのか?
  • ユーザーに特に多く(または少なく)広告を表示しているスクリーンはどれか?

この統合によって、お客様のビジネスで重要な意味を持つ指標に関する包括的なデータを、すべて 1 か所で確認できるようになりました。


カスタム パラメータ レポート
「ユーザーが最初の購入に至るまでにゲームを利用した平均時間は?」このように、個々のビジネスにとって重要な意味を持つ特定のデータポイントについて分析できるレポート機能を求めるご要望が数多く寄せられていました。

そこで、カスタム パラメータ レポートでこうした分析を可能にしました。最大 50 個のカスタム イベント パラメータを登録し、そのデータをアナリティクス レポートで確認できるようになりました。

  • 数値パラメータを登録すると、そのパラメータの平均と合計がグラフで表示されます。
  • テキスト パラメータを登録すると、特によく使われるテキスト値について詳しいデータが表示されます。
アナリティクスのその他のレポートと同様に、カスタム パラメータ レポートにオーディエンス フィルタやユーザー プロパティ フィルタを適用し、お客様のユーザーベースのさまざまなセグメントにおける傾向を把握することもできます。

いずれかのイベントでカスタム パラメータ レポートを使うには、そのイベントの詳細レポートで対象のカスタム パラメータを見つけ、表示される手順に従って必要項目を設定してください。


DoubleClick やサードパーティとの統合 - ベータ版でのご提供
DoubleClick Campaign Manager や DoubleClick Bid Manager との新たな統合も実現しました。Firebase で測定したインストール(初回起動)とインストール後のイベントを、コンバージョンとして簡単に DoubleClick にインポートできるようになりました。

これによりアプリ マーケターは、ディスプレイ マーケティングや動画マーケティングがアプリでのユーザー行動に及ぼしている影響を明確に把握できるようになります。また、広告主は DoubleClick での購入、ターゲティング、最適化においてアプリ分析をシームレスに統合できるため、プログラマティックを含むあらゆる種類の広告について、充実したデータに基づくより的確な意思決定ができるようになります。

お客様の中には AdWords や DoubleClick 以外の広告掲載プラットフォームをご利用の方もおられるため、アナリティクス システムと他のサードパーティ ネットワークとの統合も継続的に進めてまいります(現時点で 50 個のネットワークを統合し、今後も増やしていく予定です)。Google は、お客様が利用されている全ネットワークのアプリデータを Google アナリティクスに集約し、収集したすべてのデータを使ってご自身で広告掲載を最適化できるようにすることを目指しています。詳細


どなたでもリアルタイム分析が可能に
Google アナリティクスはリアルタイム レポートのパイオニアであり、Google は発生した時点でデータにアクセスする重要性を認識しております。そこで、最新のアプリレポートにリアルタイム機能を導入しました。3 月にお知らせしましたように、StreamView と DebugView が一般公開され、どなたでもご利用いただけるようになりました。これらの機能を使用すると、お客様のアプリの実際の利用状況とパフォーマンスをリアルタイムでご確認いただけます。

StreamView ではアプリレポートに送られてくるイベントが視覚化され、世界中の人々がお客様のアプリをどのように使っているのかについて、都市レベルまで掘り下げて確認できます。さらに Snapshot を使用すると、ランダムに選んだ個々のユーザーに的を絞ってイベントの流れを確認できます。また DebugView のリアルタイム レポートを使えば、目的のイベントをご希望の方法で測定できているかを簡単に確認し、アプリ開発の作業を効率化できます。開発デバイス 1 台ごとのイベント、パラメータ、ユーザー プロパティを表示される DebugView は、アプリ開発者にとって極めて便利なツールです。無効なパラメータを含むイベントがあれば、それも強調表示されます。


サービスの名称を変更
冒頭でも触れましたが、今後は Firebase Analytics の名称を変更し、これが Google 推奨のアプリ分析ソリューションであり、Google アナリティクス ファミリーの一員であることが明確に伝わるようにいたします。

最新のレポートに導入した新しいアプリ分析手法では、ユーザーのアプリに対する関わり方が把握しやすくなると考えています。この手法は、Google アナリティクスの従来のアプリ分析レポートとはコンセプトも機能も異なります。

Google アナリティクスの従来のアプリ分析レポートも、引き続きご利用いただけますのでご安心ください。今後のアプリ更新の機会には、ぜひ Firebase SDK の導入をご検討ください。この SDK を導入することで、アプリ分析の最新機能をご利用いただけます。

デベロッパー、マーケター、そしてグローバル企業のみならずスタートアップ企業ももちろん、誰にとっても優れたデータが重要であることは言うまでもありません。分析とデータがあらゆる中長期のアプリ戦略の出発点であることをふまえ、Google は常にアプリのためのレポート機能の開発と提供を続けています。お客様のアプリでの成功のために、これらの新機能をお役立ていただければ幸いです。


投稿者:Google アナリティクス チーム
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グローバルナビゲーション
サイト全体で共通して表示されるナビゲーション。 多くの場合、第1階層(大カ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]