業務提携のニュースリリースの書き方 ~提携内容や目的、今後の方向性をお客様に伝えるために必要なことは? | ネットPR.JP

ネットPR.JP - 2014年8月8日(金) 10:20
このページは、外部サイト ネットPR.JP の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「業務提携のニュースリリースの書き方 ~提携内容や目的、今後の方向性をお客様に伝えるために必要なことは?」 からご覧ください。
cover_template
提携先企業間での確認が重要な業務提携のニュースリリースとは?

業務提携の報告をニュースリリースで配信する場合、全体像が把握できる内容構成と、お客様にどんなメリットがあるかを明記することが必要です。提携の内容や目的、今後の事業方針を明らかにすることで安心感や信頼に繋がります。業務提携で多くみられるケースとして、連名でのニュースリリースを公開することです。発表する際の項目や体裁は、できるだけ両社で揃えて、お客様が混乱しないよう配慮が必要です。両社の担当者間でも内容に相違がないか、またFAQ(よくある質問)など対応マニュアルの事前チェックも重要になります。

分かりやすく全体像が把握できる「業務提携」のニュースリリースとは タイトル

提携先企業名と業務提携の概要について端的に伝わるタイトルを作ります。

注意書き

共同リリースは各社から重複して届く可能性を加味して、あらかじめ両社からリリースが出ることを記載します。

リード(概要)

リード部分に補足で発表内容の概要を入れます。会社概要の内容は両社で合わせましょう。

サイトへの誘導

専門的な内容については別途、関心のあるユーザー向けに該当サイトへ誘導します。

発表に関連したイベントの紹介

事業提携や共同発表に関連した内容のイベントやセミナーを開催する場合、双方の対象者が同一であるため、同時に告知を行います。

問い合わせ先

問い合わせ先を両社で用意。必要であればビジネスコンタクト用と広報コンタクト用に分けて記載します。

「お手本にしたい企業のニュースリリース」
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]