Google+ 投稿広告のご紹介 | Inside AdWords Blog-Japan

Inside AdWords Blog-Japan - 2014年4月17日(木) 11:10
このページは、外部サイト Inside AdWords Blog-Japan の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「Google+ 投稿広告のご紹介」 からご覧ください。
Posted by Eran Arkin

Google では昨年 12 月、一部の広告主様に対し、Google+ 投稿広告(英語記事)をリリースしました。Google+ 投稿広告では、Google+ で公開した画像や動画などのコンテンツを、エンゲージメント広告(英語記事)として Google ディスプレイ ネットワーク上に掲載することが可能です。

この度、一定数以上の Google+ フォロワーをお持ちのすべての広告主様に対し、Google+ 投稿広告をリリースすることになりました。また現在、ハングアウト オンエアのプロモーションと、最新投稿の自動プロモーションの 2 つの新機能をテストしています。ソーシャル メディア上のコンテンツをより多くのユーザーに届ける助けとなれば幸いです。

活用事例

ここで、Google+ 投稿広告を活用いただいている広告主様の事例をご紹介します。

2014 年モデルのカローラの発表に伴い、Toyota USA では若者の意見を取り入れようと考えました。そこで、Google+ 投稿広告を活用し、Google+ コンテンツのプロモーションを実施しました。その結果 Toyota USA は、リッチメディア広告の業界平均(英語記事)より 50% 高いエンゲージメント率を達成しました。

クリックして拡大

また、ヨガウェアや登山ウェアを扱う prAna は、見込み顧客の関心を高めるため、通常のディスプレイ キャンペーンに Google+ 投稿広告を組み込みました。

「ヨガ、登山、アウトドアなど、当社の核となる顧客層の関心にあわせて、対象とするユーザーを絞り込みました。高いエンゲージメント率を得るために、ユーザーごとに最適な Google+ コンテンツを選んでプロモーションを実施しました。」と、同社オンライン・マーケティング・マネージャーの Karen Hardy 氏は語ります。


欧州議会は、Ogilvy Brussels と協力し、議員選挙への投票を呼びかけるキャンペーンを 11 ヶ国で実施しました。Ogilvy Brussels の CEO である Koen Van Impe 氏は、簡単に広告を作成できる機能、より多くのユーザーに広告が表示される可能性、Google ディスプレイ ネットワークのターゲティング方法、そして強力な広告フォーマットに可能性を感じたといいます。このキャンペーンでは、従来のキャンペーンより 50% から 100% 高いエンゲージメント率が得られ、同時にエンゲージメント単価を低くおさえることができました。

クリックして拡大

ハングアウト オンエアをウェブ上で告知

Google+ 投稿広告では、ハングアウト オンエア イベントを宣伝する機能をテストしています。この機能を利用すれば、ハングアウト オンエアの実施前、実施中、実施後というタイミングに応じて、ユーザーに適切な行動を促すことが可能です。

例えば Google+ 投稿広告を見たユーザーは、イベントの実施前であれば出欠登録をしたり、実施中であればイベントに参加したり、実施後であればその録画を視聴することが可能です。

ASOS は、世界的なアクティブウェア ブランドの協力のもと揃えた商品ラインナップをユーザーが確認し、買い物ができるハングアウト イベントを開催しました。ASOS は Google+ 投稿広告を通じ、ユーザーにイベントの存在を知らせ、参加を促すことに成功しました。生で視聴したユーザーの 71% は、Google+ 投稿広告経由での参加となりました。


最新の投稿を自動的に宣伝

ユーザーが皆様のブランドに興味をもった瞬間を全て捉えることは簡単ではありません。Google+ 投稿広告では、最新の投稿を自動的に宣伝し、皆様のソーシャル コンテンツをウェブ上に広める機能もテストしています。料金が発生するのは、エンゲージメントが発生した時のみです。 

Google+ 投稿広告および Google+ の詳細については、 こちらのサイト(英語)か、こちらのヘルプ記事をご参照ください。
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]