米EC年末商戦、ECサイト群訪問シェアでは昨年より不調 | Insight for WebAnalytics

Insight for WebAnalytics - 2009年12月3日(木) 08:27
このページは、外部サイト Insight for WebAnalytics の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「米EC年末商戦、ECサイト群訪問シェアでは昨年より不調」 からご覧ください。
2009/12/2のHitwiseのブログから。
comScoreが発表している売上データの推移は好調なのだが、こちらHitwiseの訪問シェアのデータでは振るわない。もっと全体像を浮き彫りにしてくれるデータ発表はないものか。

こちらはあくまでもサイト群の訪問シェア(恐らく回数ベース)なので、例えばSNSサイトがもっと伸びているとシェアは下がるので、絶対的な伸びとはまた違う指標だと思うので、なかなか評価しにくい。もちろん対前年などで、トレンド表記してくれているので、非常にわかりやすいのだが。

しかしタイプ別に見ると、何となく判ってきた。ウェブ専業は前年対比でとんとんだが、受注はオフライン系のサイトは不調ってことのようだ。個別に見ていくとAmazonのシェアは大幅増となっている。






関連リンク:
米感謝祭後の週末のEC売上も好調(comScore)
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フォーカスグループ
マーケティング調査手法の1つ。 市場セグメントを代表する人を会議室などに複 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]