美容室・ヘアサロン集客悩み18個をデジマチェーンが完全解説!新規オープン・ひとり美容室にもおすすめ

美容室・ヘアサロンでの効果的な集客方法をわかりやすく紹介しています。WEB広告、ポータルサイト、SNSを使用した新規顧客の集客方法からリピーターに繋げる為の集客方法まで、自分に合った集客方法を見つけていきましょう。難しい平日集客・一人美容室。新規開店時の集客方法も解説。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

開業にこぎつけたものの、どう集客すればいいか分からない、なぜかお客がリピートしてくれない、と集客の難しさに悩んでいる美容室は数多くあります。

厚生省の平成30年度衛生行政報告例の概況によると、美容室や美容師の数は、ここ数年右肩上がりに増えています。

ですから、ヘアサロンの集客競争は年々厳しくなっており、集客にはある程度コストを掛けてスピーディに認知されることから始めなければいけません。

と言っても、美容室は初期の機器投資も大きいのでPR・集客にそれほどコストを掛けられないのが現実でしょう。

そこで、コスパが良くて、ターゲットを絞って効率的に集客できるWEB集客が効果的です。

デジタルマーケティングを支援するデジマチェーンが、美容室・ヘアサロンで効果的な集客方法18個を新規顧客獲得とリピーター獲得に分けて紹介します。

数ある集客手法の中から、美容室・ヘアサロン業界に最適な手法に絞って具体的に説明していますので、今日から新規顧客を獲得し、リピーターを増やす手を打ち始められます。

>>>>カットなしの全解説記事はこちらの元記事をごらんください!<<<<

1.美容室・ヘアサロンの集客の悩みと難しさ

これだけ美容室の数が増えてくると、いくらカットやパーマ、カラーなどの技術に自信があっても、集客力がなければお客さんは来店してくれません。

ほとんどの顧客は、一度気に入った美容室が見つかると、引っ越しやお気に入りの美容師がやめるといった理由がない限り他の美容室を探すこともありません。

経済産業省の平成24年経済センサス-活動調査によると、美容室の数はコンビニの5倍を超えるほどの多さです。

そのほとんどの美容室が限られた顧客を奪い合うために集客を競っているので、簡単に他店との差別化はできません。

ですから、特定の集客方法一本槍ではなく、複数の集客方法の組み合わせが求められるでしょう。

うかつにSNSに手を出してもコストと時間の無駄になる可能性も

多くの既存美容室やヘアサロンが、自店のSNSやブログ、ホームページを展開しています。

ですから、新たに自店の情報を発信しようとしても、情報が多すぎて埋もれてしまいかねません。

ブログ、SNS、検索広告など、世間ではやっている集客の方法はたくさんあります。

しかし、全部やろうとすると時間やお金がかかり、中途半端に終わってしまう可能性もあります。

そのため、自分と自分の店舗に合った手法を数個だけ組み合わせながらの集客が重要なのです。

美容室・ヘアサロンで効果的な集客手法の特徴比較一覧

 

集客手法初期コストの低さ導入しやすさ 効果発揮までのスピード稼働コストの低さ稼働の手間がかからない新規顧客獲得に強い リピーター獲得に強い
リスティング広告
Googleマイビジネス
美容院ポータルサイト
ホームページ
ブログ
SNS
ローカル情報サイト
立て看板
チラシ
キャンペーン
業務提携
LINE公式アカウント
次回予約
スタンプカード・スリーステップカード
アプリ
ニュースレター・メルマガ
お礼状
会員制度

2.【新規顧客】おすすめの集客方法11選

デジマチェーンがおすすめする、美容院・ヘアサロンが新規顧客を獲得するための集客方法は以下です。

  1. リスティング広告
  2. Googleマイビジネス
  3. ポータルサイト
  4. ホームページ
  5. ブログ
  6. SNS
  7. ローカル情報サイト
  8. 立て看板
  9. チラシ
  10. キャンペーン
  11. 業務提携

それぞれの手法について説明します。

【リスティング広告】継続的なサロン集客ができて費用対効果が高い

リスティング広告のおすすめポイント

  • 地域で美容院を探している人だけに広告を出せる
  • 1クリック数十円と低コストで導入できる
  • すぐに始められる

ネット広告の代表格であるリスティング広告は…

>>>>カットなしの全解説記事はこちらの元記事をごらんください!<<<<

美容室・ヘアサロンの集客方法まとめ

美容室業界は、そのライバルの多さから、集客のための工夫が欠かせません。

集客は単にお金をかければいいというものではありませんから、自分の店に合った方法を試すようにしましょう。

特にウェブを利用した集客は積極的に行うことをおすすめします。

ウェブ集客は、比較的低コストで始められる上に、おしゃれに敏感な若者へのアプローチに効果的ですし、他の集客手法との併用も可能です。

特にSNSなどを利用した集客は効果も見えやすいため、実際に利用しながら試行錯誤してみましょう。

最初は難しく感じるかもしれませんが、新規顧客の来店が増えリピーターが定着する成果が見えてくれば、大きなやりがいを感じるはずです。

>>>>カットなしの全解説記事はこちらの元記事をごらんください!<<<<

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クリエイティブ
広告やデザインにおける、作品そのものや作品に使われている素材のこと、または、そう ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]