美容室・ヘアサロン集客悩み18個をデジマチェーンが完全解説!新規オープン・ひとり美容室にもおすすめ

美容室・ヘアサロンでの効果的な集客方法をわかりやすく紹介しています。WEB広告、ポータルサイト、SNSを使用した新規顧客の集客方法からリピーターに繋げる為の集客方法まで、自分に合った集客方法を見つけていきましょう。難しい平日集客・一人美容室。新規開店時の集客方法も解説。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

開業にこぎつけたものの、どう集客すればいいか分からない、なぜかお客がリピートしてくれない、と集客の難しさに悩んでいる美容室は数多くあります。

厚生省の平成30年度衛生行政報告例の概況によると、美容室や美容師の数は、ここ数年右肩上がりに増えています。

ですから、ヘアサロンの集客競争は年々厳しくなっており、集客にはある程度コストを掛けてスピーディに認知されることから始めなければいけません。

と言っても、美容室は初期の機器投資も大きいのでPR・集客にそれほどコストを掛けられないのが現実でしょう。

そこで、コスパが良くて、ターゲットを絞って効率的に集客できるWEB集客が効果的です。

デジタルマーケティングを支援するデジマチェーンが、美容室・ヘアサロンで効果的な集客方法18個を新規顧客獲得とリピーター獲得に分けて紹介します。

数ある集客手法の中から、美容室・ヘアサロン業界に最適な手法に絞って具体的に説明していますので、今日から新規顧客を獲得し、リピーターを増やす手を打ち始められます。

>>>>カットなしの全解説記事はこちらの元記事をごらんください!有料級まとめ資料を無料プレゼント中です<<<<

1.美容室・ヘアサロンの集客の悩みと難しさ

これだけ美容室の数が増えてくると、いくらカットやパーマ、カラーなどの技術に自信があっても、集客力がなければお客さんは来店してくれません。

ほとんどの顧客は、一度気に入った美容室が見つかると、引っ越しやお気に入りの美容師がやめるといった理由がない限り他の美容室を探すこともありません。

経済産業省の平成24年経済センサス-活動調査によると、美容室の数はコンビニの5倍を超えるほどの多さです。

そのほとんどの美容室が限られた顧客を奪い合うために集客を競っているので、簡単に他店との差別化はできません。

ですから、特定の集客方法一本槍ではなく、複数の集客方法の組み合わせが求められるでしょう。

うかつにSNSに手を出してもコストと時間の無駄になる可能性も

多くの既存美容室やヘアサロンが、自店のSNSやブログ、ホームページを展開しています。

ですから、新たに自店の情報を発信しようとしても、情報が多すぎて埋もれてしまいかねません。

ブログ、SNS、検索広告など、世間ではやっている集客の方法はたくさんあります。

しかし、全部やろうとすると時間やお金がかかり、中途半端に終わってしまう可能性もあります。

そのため、自分と自分の店舗に合った手法を数個だけ組み合わせながらの集客が重要なのです。

美容室・ヘアサロンで効果的な集客手法の特徴比較一覧

 

集客手法初期コストの低さ導入しやすさ 効果発揮までのスピード稼働コストの低さ稼働の手間がかからない新規顧客獲得に強い リピーター獲得に強い
リスティング広告
Googleマイビジネス
美容院ポータルサイト
ホームページ
ブログ
SNS
ローカル情報サイト
立て看板
チラシ
キャンペーン
業務提携
LINE公式アカウント
次回予約
スタンプカード・スリーステップカード
アプリ
ニュースレター・メルマガ
お礼状
会員制度

2.【新規顧客】おすすめの集客方法11選

デジマチェーンがおすすめする、美容院・ヘアサロンが新規顧客を獲得するための集客方法は以下です。

  1. リスティング広告
  2. Googleマイビジネス
  3. ポータルサイト
  4. ホームページ
  5. ブログ
  6. SNS
  7. ローカル情報サイト
  8. 立て看板
  9. チラシ
  10. キャンペーン
  11. 業務提携

それぞれの手法について説明します。

【リスティング広告】継続的なサロン集客ができて費用対効果が高い

リスティング広告のおすすめポイント

  • 地域で美容院を探している人だけに広告を出せる
  • 1クリック数十円と低コストで導入できる
  • すぐに始められる

ネット広告の代表格であるリスティング広告は、近場で顧客を集める傾向の高い美容室・サロンにおいて最も高い効果が期待できる集客手法の一つです。

リスティング広告は、インターネットで「美容室 特定の地域名」などを検索した時に、検索結果の上部に自店の広告を表示させることができます。

この「検索した時」にというのがポイントで、美容院を実際に探している見込み客に自店をアピールできることが、高い費用対効果を期待できる理由です。

代表的なリスティング広告は、なんと言ってもGoogle広告でしょう。

リスティング広告の費用

リスティング広告の広告費は、クリックされて初めて費用が発生しますから、広告出稿しただけでは一切費用がかかりません。

料金は表示するキーワードによって変わりますが、1クリック数十円から利用できます。

また、1日あたり、1ヶ月あたりの上限費用も設定できて費用コントロールできるのがリスティング広告の特徴です。

無料のGoogle広告アカウントを取得するだけで、すぐに始めることができます。

自店舗のターゲット商圏ではない人にも広告が表示されて、無駄に費用がかかってしまうのでは、と心配する方もおられるかもしれません。

リスティング広告は、広告を表示する地域を限定する設定があるので、商圏内の見込み客だけに広告を出すことができます。

地域の他にも、広告を表示する時間帯、ターゲットの性別、年齢層などを自店舗のターゲットに合わせて絞れるので広告の無駄打ちがありません。

一覧に戻る

【Googleマイビジネス】ひとり美容室は必須登録!完全無料の集客手法

Googleマイビジネスのおすすめポイント

  • 完全無料で利用できる集客サービス
  • スマホに特化した集客手法
  • 登録後は口コミ対応をするだけ

Googleマイビジネスとは、Googleマップに登録することでマップ上に自店が表示されるようにすることです。

Googleが提供している完全無料のサービスです。

近年の検索トレンドは、パソコンからスマートフォンに移行しています。

さらに、「場所の検索」に関しては、Googleマップでお店を探して、スマホでそのまま目的地までのルートを確認する人が圧倒的多数を占めています。

Googleマップに自店が掲載されていないと、どれほどの機会損失になるか想像に難くありません。

Googleマイビジネスの登録は10分ほどでできるので簡単です。

登録後は、Googleマップを開いて、自店を検索してきちんと表示されているか確認してください。

MEO(マップエンジン最適化)と言われる対策を施すことで、上位表示を狙うことができます。

その対策には、ユーザーの口コミにきちんと返信することが効果的です。

自店をご利用いただいたお客様から投稿があった場合は、お礼のメッセージを添えて対応するようにしてください。

一覧に戻る

【美容院ポータルサイト】新規オープンで絶大な効果を発揮

ポータルサイトのおすすめポイント

  • 圧倒的な集客力で新規客が獲得できる
  • ポータルサイト内の予約機能が使える

美容院ポータルサイトは集客を目的とした検索サイトで、さまざまな美容院・サロンがまとめて掲載され、多くのユーザーが訪れるため、新規客獲得に効果的です。

リクルートが運営しているホットペッパービューティー(上記画像)が、最も有名なポータルサイトでしょう。

掲載には料金がかかる有料サービスで、掲載費によって検索順位が変動する仕組みとなっています。

ポータルサイト内で上位表示させようとすると、より多くの広告費が必要になります。

上位表示されれば、自店が新規客の目に触れる機会も増えることになります。

広告掲載時に来店促進策として、割引クーポンが掲載されるのが特徴です。

クーポンの割引を目当てに新規客の予約を誘発できるでしょう。

ただ、クーポン利用で来店したお客は、リピーターになりにくい傾向があります。

クーポン顧客については、2回目以降の来店をしてもらうための工夫 (H2-3リピーターにページ内リンク)が重要です。

最近ではホットペッパービューティー以外にも、以下のような新しいポータルサイトも登場しています。

一覧に戻る

【ホームページ】美容院としての取り組みを自由に紹介できる媒体

ホームページのおすすめポイント

  • 美容院独自の特徴をしっかりと紹介できる
  • 初期費用はかかるが、運用コストはリーズナブル
  • SEO集客が必要

ホームページは、美容院・ヘアサロンの集客において重要な役割を果たしてくれます。

新しい美容院を探すとき、多くの人が大手ポータルサイトやSNSで検索して、目当てのお店をある程度絞ります。

そして、実際に予約する前に、スタイリストや店内の雰囲気、口コミなどできる限り情報収集を行ってから検討する人がほとんどです。

この検討のタイミングでホームページがあると、自店をしっかりアピールでき、予約につなげることができます。

ホームページには以下の内容を掲載して、予約率を高めましょう。

  • 住所及び店舗地図
  • スタイリストの紹介
  • 営業時間及び定休日
  • メニューの内容及び価格
  • スタイル写真とお客様の声
  • 電話番号(またはメールアドレスやLINE)
  • 店内の雰囲気がわかる複数枚の写真

ホームページは、初期にドメイン取得費で数千円、独自サイトの制作には十数万円かかります。

ランニング費用はサーバー代のみで、年間2万円程度です。

無料でホームページを作成できるサービス一覧

最近では、低コストでテンプレートに沿ってホームページを立ち上げる以下のようなサービスも登場しています。

無料(または低価格プラン)では、独自ドメイン(URLの"ABCD.com"の部分)を使えなかったり、ページ数に上限があるなどの制限があるケースが多いです。

  • Wix(ウィックス)
    世界で1億人以上のユーザーが利用しているホームページ作成ツールです。
  • ペライチ
    日本企業発のサービスのため、日本語でのサポートが充実しています。
  • STUDIO(スタジオ)
    株式会社STUDIOが提供するホームページ作成ツールです。
  • Jimdo(ジンドゥー)
    KDDIウェブコミュニケーションズが提供するホームページ作成ツールです。
  • Weebly(ウィーブリー)
    世界で3000万人以上に利用されている、ホームページ作成ツールです。
  • Ameba Ownd(アメーバオウンド) 
    株式会社サイバーエージェントが提供するホームページ作成ツールです。
  • BASE(ベイス)
    BASE株式会社が提供するECサイト作成ツールです。決済機能やおしゃれなテンプレート、アクセス解析機能も搭載されています。
  • Shopify(ショピファイ)
    100万ショップ以上で導入されている、世界最大規模のECサイト作成ツールです。簡単に決済機能のついたホームページを作ることができます。
  • STORES(ストアーズ)
    ストアーズ・ドット・ジェイピー株式会社が提供するECサイト作成ツールで、コーディングの知識がなくてもおしゃれなページを作成できます。

一覧に戻る

【ブログ】アイデア次第で集客でき顧客のファン化にもおすすめ

ブログのおすすめポイント

  • 継続的に集客できる
  • ホームページの検索結果の上位化にも効果的

お店の公式ブログをうまく活用すると、新規客の集客を行い、顧客のファン化を行うことができます。

多くの無料ブログサービスがあるので、初期費用は一切かかりません。

ブログでアクセスを集めるポイントは、お店が発信したい情報だけではなく、美容院を探している人が知りたい情報を発信することです。

例えば、美容院をひんぱんに利用する人は髪の毛を大切にする意識が高いでしょう。

ですから「美髪になれるホームヘアケアの方法」をブログでアップすると、来店検討時以外でも集客効果が期待できます。

ホームページ内設置が難しい場合は無料ブログで集客スタート

ブログの立ち上げは、ホームページ内にブログページを設置する方法がSEO対策(検索エンジン最適化)にも有効でおすすめやり方です。

まだ自店のホームページを立ち上げたばかりで、そこまで手が回らない場合もあるかもしれません。

その場合は、アメーバブログライブドアブログなど、無料ブログサービスを利用することでブログを始めることができます。

無料ブログサービスを使う際は、以下のことに気をつけてください。

  • 予約用の問い合わせ先を記載すること
  • ブログ内にホームページやSNSへのリンクを設置すること

一覧に戻る

【SNS】リアルタイム発信で平日の集客に使える無料集客手法

SNSのおすすめポイント

  • 完全無料で使える集客サービス
  • タイムリーな情報発信で当日予約が狙える
  • お店の世界観やスタッフのキャラを伝えられる

Instagram・TwitterなどのSNS(ソーシャル・メディア・サービス)は、無料で始めることができる人気の集客ツールです。

SNSアカウントの運用をコツコツ続けて、フォロワーを集めることで見込み客の獲得につながります。

SNSの種類と主な特徴は以下の通りです。

特徴が異なるSNSを効果的に使い分けて、集客に活用してください。

インスタグラム

Instagramは、写真・イラスト・動画などのビジュアルがメインの ソーシャルメディアです。

写真の投稿や、ストーリーズと言われる24時間で消える限定投稿を発信する機能もあります。

ヘアスタイルなどを投稿できる美容院との相性は抜群です。

ツイッター

Twitter は、140文字以内の文章を投稿するテキストがメインのソーシャルメディアです。

その手軽さからより多くの情報が発信でき、「本日空きが出ました」のようなタイムリーな情報をフォロワーに届けることができます。

フェイスブック

Facebookは、文章の投稿をメインとし、利用者が実名登録しているソーシャルメディアです。

グループ機能を使ってコミュニティを作ることができるので、新規顧客よりはリピート客の集客に活用できます。

一覧に戻る

【ローカル情報サイト】地域に広く告知でき新規オープンにも有効

ローカル情報サイトのおすすめポイント

  • ポータルサイトより低コストで掲載できる
  • 話題に上がるメディアは期待できる

地元密着のWebメディアなどの、サイトに掲載することで集客が期待できます。

地域のお店を一覧にしたまとめクーポンや、ライフスタイル情報と地域のおすすめ店を紹介するメディアなどがあります。

商圏内の地域情報が紹介されていて、いろんな人に見られている媒体があれば検討しましょう。

大手ポータルサイトより安いコストで掲載でき、費用対効果の高い集客手法として活用できる可能性があります。

どんなメディアがあるかは、地域によってさまざまです。

生活するなかで自然と話題に上がるサイトは、見込み顧客も知っている可能が高いでしょう。

お試しで広告を出して、効果を確認してみてください。

サイト以外に、地元で有名なフリーペーパーがある場合は、小さいスペースから掲載してみて、集客の方法として活用するのも効果的です。

一覧に戻る

【立て看板】継続的な効果がある必須店頭アイテム

立て看板のおすすめポイント

  • 初期費用のみで運用コストはほぼかからない
  • ご近所ユーザーへの告知に効果的

立て看板は、美容室・ヘアサロン定番の集客手法です。

立て看板を設置することで、お店の前を通過する多くの人にお店の存在を知ってもらうことができます。

認知促進だけでなく、外から店内を見て気になった人が店先の立て看板を見て、あとからウェブ検索してくれます。

通りすがったうえでウェブ検索した見込み客は、来店への大きな期待が持てます。

HAIRLOG SPECIAL(ヘアログスペシャル)が行った『美容室・ヘアサロン選びのきっかけや決め手』についてのアンケート調査では、「美容院を知るきっかけ」の順位は以下のようになっています。

  1. ウェブ検索・予約サイト
  2. 近所(店頭看板など)

ウェブ検索外貨に重要かわかるのではないでしょうか。

さらに、「美容院を選ぶ主な決め手」の調査結果では、「家や職場から近い」が一番多かったのです。

通りすがりの人たちは、実はリピーターになり得る優良な見込み客と言えるでしょう。

立て看板は、店舗の存在を知らしめる重要な役割を果たし、集客とリピーターの獲得に大きな効果をもたらしてくれるのです。

一覧に戻る

【チラシ】新規オープン・キャンペーンをすぐに告知できる

チラシのおすすめポイント

  • 使い方次第でいろんな新規客が獲得できる
  • 即効性が期待できる告知手法

チラシは、自店の特徴やサービスを効果的に紹介する広告手法です。

チラシには、主に以下のような種類があります。

  1. 新聞折り込みチラシ
  2. ポスティングチラシ
  3. 手配りサンプリングチラシ

それぞれの種類について説明します。

>>>>カットなしの全解説記事はこちらの元記事をごらんください!有料級まとめ資料を無料プレゼント中です<<<<

美容室・ヘアサロンの集客方法まとめ

美容室業界は、そのライバルの多さから、集客のための工夫が欠かせません。

集客は単にお金をかければいいというものではありませんから、自分の店に合った方法を試すようにしましょう。

特にウェブを利用した集客は積極的に行うことをおすすめします。

ウェブ集客は、比較的低コストで始められる上に、おしゃれに敏感な若者へのアプローチに効果的ですし、他の集客手法との併用も可能です。

特にSNSなどを利用した集客は効果も見えやすいため、実際に利用しながら試行錯誤してみましょう。

最初は難しく感じるかもしれませんが、新規顧客の来店が増えリピーターが定着する成果が見えてくれば、大きなやりがいを感じるはずです。

>>>>カットなしの全解説記事はこちらの元記事をごらんください!有料級まとめ資料を無料プレゼント中です<<<<

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アフィリエイト
広告商品の一種。 第三者のブロガーやメディアに商品の宣伝や販促をしてもらい ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]