【GA4対応】GoogleアナリティクスとGoogle広告を連携する方法

今回はGoogleより無料で提供されているツール、Google アナリティクスと Google 広告を連携させて分析し、リマーケティング広告に活用する方法をご紹介します。連携方法から、連携後の具体的な活用方法までキャプチャとともに解説しました。広告管理画面では確認できない多くのことを分析できるのが最大の特徴です。連携作業は権限の確認さえできれば数クリックで完了しますのでぜひお試しください!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

広告の効果を最大化させるためには遷移先ページの利便性や競合優位性も重要な要素です。そのため遷移先でユーザーがどのような動きをしているのか、コンバージョンせずに離脱しているユーザーはどこでつまづいているのかなどを分析する必要があります。

そんなときに活用するのが Google アナリティクスです。広告管理画面だけでは分析することができないユーザーの属性や動きを確認することができ、かつ Google より無料で提供されているツールなので使っている方も多いのではないでしょうか。

今回は Google アナリティクスと Google 広告を連携させて分析し、リマーケティング広告に活用する方法をご紹介します。

Google アナリティクスと Google 広告を連携させてできること

Google 広告を Google アナリティクスと連携することで、Google アナリティクスで設定をした任意のイベントを広告運用に活用することができます。その結果 Google 広告の管理画面だけでは実現できない分析や気づきを得ることで、ランディングページの改善に役立てられます。

具体的には以下のようなことをおこなうことができます。

  • Google アナリティクスで Google 広告の費用などのパフォーマンスを確認できる
  • Google アナリティクスでしか設定できないイベントを Google 広告のコンバージョンに設定できる
  • イベントを基にしてリマーケティング広告配信のためのオーディエンスを作成できる

まずは Google アナリティクスと Google 広告の連携方法をご紹介した後に、これら連携させてできることを詳細にお伝えします。

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]