【最新】オープンソースDBの企業活用(吉田行男 氏)

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「【最新】オープンソースDBの企業活用(吉田行男 氏)」を公開しました。

###

今回は、オープンソースのDBであるMySQLやMariaDBなどを活用したソリューション、サポートやプロフェッショナルサービスを提供しているPercona社が実施したオープンソースDBに関する調査結果(*2)をご紹介したいと思います。
 これは、2019年9月にオランダのアムステルダムで開催された「PERCONA LIVE OPEN SOURCE DATABASE CONFERENCE EUROPE 2019」で発表されたレポートで、欧米の企業を中心に85ヶ国、836社の企業を対象として実施されたものです。

目次  

1. MySQL Community Editionの活用が最多
2. DBは複数のタイプを活用している企業が多い
3. オープンソースDBのサポートの懸念
4. オープンソースDBの活用理由がマネジメント層かどうかで大きく異なる

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_3492

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

RSSAC
ICANN(The Internet Corporation for Assig ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]