「not provided」の正体|検索クエリが見えない時の対策方法【Googleアナリティクス基礎】

どんなキーワードで調べられているのか?Googleアナリティクスで見ると9割以上が「not provided」その正体と対策を紹介
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Googleアナリティクスで集客チャネルの分析をしているとき、「Organic Search」を選択すれば、自然検索でウェブサイトに訪問してきたユーザーの検索語句を調べることができます。

どんなキーワードで調べられているかは、SEO対策による流入増加でも重要ですが、なによりユーザーのニーズを知るうえで欠かせません。

しかし、出てくる検索語句の大半が、「not provided」という表示になっていませんか?
「not provided」が98%で、それ以外はクリック数数回のよくわからないものばかり。

今回は、この「not provided」とはどういう原因で発生するのか、そしてどうすれば実際の検索語句を分析できるのかについて解説していきます。

>Googleアナリティクスで「not provided」が発生する原因
>「not provided」対策と検索語句の分析方法
 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]