「色」が買いたい気持ちを高める!マーケティング成果を高める「色の使い方」

「色」が買いたい気持ちを高める!マーケティング成果を高める「色の使い方」
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

みなさんは好きな「色」ってありますか? 私は濃いピンクが好きでボールペンとかノートなど持ち物は濃い目のピンク率が高いです。最近はグレーベージュが自分の中でブームです。
プレゼンのときのネクタイは赤とか、応援しているチームカラーが好きなど、色に関するこだわりやマイル―ルをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「色」が人に与える消費行動への影響

そんな身近にあふれすぎている「色」。人は無意識に色の影響を多く受けています。その影響は、日々の消費行動にも及びます。とくに、車やファッション、人の目に多く触れるモノの消費行動には、より強く色の影響を受けるそうです。その色を身に着けた自分・使っている自分がまわりに与える影響やどう見られたいかを無意識に考えるのではないでしょうか。
このことを利用して色の与えるイメージ(赤だったら活動的と思われたい、目立ちたいという感じ)を商品やサービスのカラーに利用することでターゲットのニーズを満たしてあげることができるかもしれません。

 

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]