関数仕様編 その15 (匿名関数と無名関数 その5)

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「関数仕様編 その15 (匿名関数と無名関数 その5)」を公開しました。
無名関数の、濃いあたりの続きになります。

まずは「実際の、(レキシカルスコープを持つ)クロージャ」の用途、のお話です。
JavaScriptですと、よく、以下の例が出ています。

function counter() {
var c = 0;
return function() {
c ++;
console.log(c);
};
}
//
c_func = counter();
//
c_func();
c_func();
c_func();

JavaScriptの場合、変数へのstatic修飾子、という概念が存在しないので、
このクロージャ(というかレキシカルスコープとスコープチェーン)がとても便利に使えます。
上述と同様のコードをPHPで書くと以下のように書く事ができます。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/1694/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ファーストビュー
ブラウザーでWebサイトを表示したときにスクロールせずに最初に見える範囲。閲覧者 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]