マーケティングプラットフォーム「アドエビス」とSprocketが連携開始、広告閲覧や自然検索に応じたコンテンツ表示が可能に

ロックオンのアドエビスとSprocketのWeb接客ツールが連携し、コンバージョン率を向上

Eコマース関連ソフト開発のロックオンは、同社のマーケティングプラットフォーム「アドエビス」とWeb接客ツール「Sprocket(スプロケット)」を提供するSprocketの連携を5月22日より開始する、と同日発表した。アドエビスの計測データをSprocketに取り込むことで、ユーザーの広告データに基づいたWeb接客が可能になる。サイト来訪までの行動履歴を接客シナリオに活用することで、ユーザーの検討フェーズや広告閲覧に応じたコンテンツ訴求が可能となり、サイト離脱率の低下及びコンバージョン率の向上が期待できるという。

アドエビスとSprocketの連携により、Web広告の閲覧/クリック/自然検索といったサイト来訪のきっかけに応じて異なるコンテンツをポップアップで表示することができる。ユーザーの行動に合わせて接客シナリオを変えることで、購買や申込みの向上に寄与する。サイト来訪までの行動データを接客コンテンツと紐づけることで、ユーザーとのOne to Oneコミュニケーションを実現し、パーソナライズ化したWeb接客が可能になる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]