クロスリスティングが検索連動型広告「REMORA Listing」の仕様変更、管理が容易に

検索連動型広告のクロスリスティングは、PC向け検索連動型広告「REMORA Listing(レモーラリスティング)」の仕様を変更した、と12月1日発表した。アカウント内に新たに、キーワード・広告(広告文、リンク先URL)を管理する「広告グループ」階層を加えるとともに、広告効果を測定できるコンバージョンタグを設定できるようにした。広告グループの階層が加わることで、キーワード・広告をグルーピングして個別に管理・運用可能になる。コンバージョンタグを設定すると、管理画面上で広告のコンバージョン数、コンバージョン率、CPA(1コンバージョンあたりのコスト)が確認でき、広告運用が効率的に行えるという。

そのほか、管理画面の機能を拡張。管理画面から新たに、予算設定、スケジュール設定、キーワードの単価設定、ブロックキーワード、広告文・リンク先URLの追加、差し替えなどの操作ができるようになった。また、従来1ワードに設定できるのは1つの広告文・リンク先URLだけだったが、広告グループに対して、3パターンまで広告文・リンク先URLが設定できるようになった。

クロスリスティング
http://www.xlisting.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

なりすまし
ネットワーク上で他人に“なりすまし”て活動すること。「spoofing」と英語表 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]