PR動画の作り方とは?コツから成功事例まで紹介 | VIDEO SQUARE

VIDEO SQUARE - 2024年7月9日(火) 17:53
このページは、外部サイト VIDEO SQUARE の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「PR動画の作り方とは?コツから成功事例まで紹介」 からご覧ください。

PR動画の作り方とは?コツから成功事例まで紹介

企業の魅力を短時間で効果的に伝えるPR動画。そんなPR動画を活用すれば、ターゲット層にピンポイントで情報を届けることができるでしょう。

この記事では、PR動画について、メリットとデメリット、費用相場、具体的な活用方法、成功事例などをお伝えしつつ、制作時の注意点についても解説していきます。

企業ブランディングから新製品紹介、採用活動まで、PR動画の可能性は無限大。これからPR動画を活用したいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

PR動画とは?

PR動画とは、企業ブランディングや販売促進を主な目的として制作・活用する動画コンテンツです。

主に以下の特徴があります。

  • 短時間で多くの情報を伝えられる
  • 視聴者の印象に残りやすい
  • 抽象的な内容も分かりやすく伝えられる
  • ターゲットに合わせた内容で制作できる

PR動画の目的は、商品・サービスの価値を広く認識させ、企業の売上と業績を向上させることです。多くのターゲットに企業活動、商品、サービスを知ってもらうことで、新規顧客獲得とリピート購入を促進します。

また、PR動画は企業と顧客の継続的な関係構築を助け、より強固な顧客基盤の形成に貢献します。結果として、企業の安定した業績と長期的な成長が期待できます。

PR動画の活用シーン

PR動画は様々な場面で効果を発揮します。

企業のブランディングや観光誘致、新製品紹介、採用活動、社内教育など、目的に応じた活用方法があります。それぞれのシーンごとの特徴や効果を見ていきましょう。

シーン1|企業のブランディングや認知の拡大

企業のブランディングや認知拡大にPR動画は非常に効果的です。最終的な目標が商品購入や観光客増加であっても、まずは企業の魅力を知ってもらうことが重要になります。

「もっと知りたい」「なんとなく気になる」という感情を喚起し、次のステップに進むユーザーを増やしましょう。

動画を通じて企業の理念やビジョン、独自の強みを視覚的に伝えることで、視聴者に深い印象を与えられます。また、感動的なストーリーや印象的な映像表現により、企業イメージを効果的に構築することが可能です。

SNSでの拡散も期待でき、幅広い層への認知拡大につながります。ブランディング動画は、商品PRとは異なり企業の魅力そのものを伝えるため、長期的な信頼構築に役立ちます。

<関連記事>
【企業PR動画の成功事例19選】企業PR動画の作り方や準備・コツについて解説
企業PRにアニメーション動画!制作時の注意点と事例を紹介

シーン2|観光地への誘致促進

観光地の魅力を伝えるPR動画は、誘致促進に大きな効果を発揮します。美しい風景や名所、地元の文化や食事など、その土地ならではの魅力を動画で生き生きと表現できます。

静止画や文字情報だけでは伝わりにくい雰囲気や臨場感を、動画なら効果的に伝えることが可能です。

また、季節ごとの魅力や体験できるアクティビティなども、短時間で印象的に紹介できます。SNSでの拡散性も高く、幅広い層への訴求が可能です。観光客の視点に立った構成で、「行ってみたい」と思わせる動画制作がポイントとなります。

動画を通じて、観光地の魅力を直接体感してもらうことで、効果的な誘致促進につながるでしょう。

<関連記事>
地元の魅力をアピール!拡散される地方PR動画の制作ポイント

シーン3|新製品・サービスの紹介

新製品やサービスの紹介にPR動画は非常に有効です。

製品の特徴や使用シーン、メリットなどを視覚的に分かりやすく伝えられます。文字や静止画だけでは伝わりにくい製品の動きや機能、使い心地なども、動画なら効果的に表現できるでしょう。

また、ユーザーの声や比較映像を用いたりすることで、製品の優位性をアピールできます。短時間で多くの情報を伝えられるため、視聴者の興味を引き、購買意欲を高めるのに適しています。

PR動画は、視聴者に「欲しい」「使ってみたい」と思わせる魅力的な映像表現により、新製品・サービスの市場導入を強力に後押ししてくれるでしょう。

シーン4|採用活動の強化

採用活動においてもPR動画は大きな効果を発揮します。企業の雰囲気や社員の生の声、実際の仕事の様子などを動画で伝えることで、求職者に具体的なイメージを持ってもらえるでしょう。

PR動画なら、文字情報だけでは伝わりにくい職場の雰囲気や社風、やりがいなども、動画なら効果的に表現できます。

また、経営者や先輩社員のメッセージを盛り込むことで、企業の魅力をより深く伝えられます。就活生の共感を呼ぶストーリー性のある構成や、企業の特徴を活かした演出がポイントです。

動画を通じて企業の実態を透明性高く伝えることで、ミスマッチを減らし、適性の高い人材の採用につながるでしょう。

シーン5|社内教育・研修

社内教育や研修にもPR動画は活用できます。

業務手順やマニュアル、社内ルールなどを動画で分かりやすく解説することで、効率的な教育が可能です。また、経営理念や行動指針を伝える動画を制作することで、社員の意識統一やモチベーション向上にもつながります。

実際の業務シーンを再現したり、アニメーションを効果的に活用したりすることで、学習者の理解度を飛躍的に高めることができます。また、動画は繰り返し視聴できるため、個々の社員のペースに合わせた学習が可能となり、長期的な記憶定着にも効果的です。

PR動画を社内教育に活用する際は、社員の視点に立った分かりやすい構成が重要です。専門用語の解説や、具体的な業務フローの可視化など、実務に直結する内容を盛り込むことで、より実践的な学習ツールとなるでしょう。

PR動画を作成するメリット

PR動画の作成には、情報伝達の効率性や記憶への残りやすさ、SNSとの親和性など、多くのメリットがあります。

ここでは、PR動画作成の主な3つのメリットについて詳しく解説します。

メリット1|多くの情報を効果的に伝えられる

PR動画は、短時間で多くの情報を効果的に伝達できる優れた手段です。視覚と聴覚の両方に訴えかけるため、テキストのみの広告よりも豊富な情報量を提供できます。例えば、商品のデザインや色、サービスの操作方法などを具体的に示すことが可能です。

また、音声や音楽を活用することで、視聴者の感情にも働きかけられます。これにより、限られた時間内でブランドや製品の魅力を多角的に伝え、効果的なプロモーションが実現できます。

メリット2|視聴者の記憶に残りやすい

PR動画は、視聴者の記憶に残りやすいという大きな利点があります。動画コンテンツは、静止画や文字だけの広告と比べて、約2倍の定着率があるとされているため、より強い印象を与えることができます。

例えば、印象的な映像や音楽、ナレーションの組み合わせで、ブランドイメージや製品の特徴を効果的に伝えられます。また、ストーリー性のある動画は、視聴者の感情に訴えかけ、より深い記憶の定着を促します。これにより、長期的なブランド認知度の向上や、製品・サービスへの興味喚起につながります。

メリット3|SNSとの相性がよく拡散されやすい

PR動画はSNSとの相性が非常に良く、拡散されやすい特徴があります。現代のSNSプラットフォームは、動画コンテンツの共有や再生に適した機能を備えており、ユーザーが簡単に動画を視聴・共有できる環境が整っています。

特に、X(旧Twitter)やInstagramなどの短尺動画に適したプラットフォームでは、インパクトのある15秒程度の動画が効果的です。

また、ユーザーが興味を持った動画を友人や知人と共有することで、自然な形で拡散が期待できます。これにより、比較的低コストで広範囲にわたる認知度向上が可能となり、効果的なプロモーション戦略を展開できます。

PR動画の作成のコツ

PR動画を効果的に作成するためには、いくつかの重要なポイントがあります。ターゲットの明確化、メッセージの絞り込み、共感を得る工夫、流行の取り入れ、視聴者間の交流促進、社会貢献の視点など、様々な要素を考慮することが大切です。

以下で、具体的なコツを6つ紹介します。

コツ1|ターゲットを明確にする

PR動画制作の最初のステップはターゲットの明確化です。ターゲットを決める際には、以下4つの軸を考慮しましょう。

  • デモグラフィック属性
  • ジオグラフィック属性
  • サイコグラフィック属性
  • ビヘイビア属性

「デモグラフィック属性」には年齢、性別、職業などの基本情報が含まれます。「ジオグラフィック属性」は移住地や活動範囲、「サイコグラフィック属性」は性格興味、価値観を、「ビヘイビア属性」は行動パターンを指します。

ターゲットが複数ある場合は、グループ分けを行うと効果的です。ターゲットを明確にすることで、動画の内容、表現方法、配信チャンネルなどを適切に選択でき、より効果的なPR動画の制作が可能になります。

コツ2|伝えたいメッセージを絞り込む

PR動画で伝えたいメッセージは、できるだけ絞り込むことが重要です。一つの動画に複数のメッセージを詰め込むと、視聴者に伝わりにくくなる可能性があります。

メッセージを絞り込む際は、まず動画の目的を明確にすることから始めましょう。その上で、目的に沿ったメッセージを一言(20文字程度)で表現できるように努めます。例えば、商品のPRであれば、その商品の最大の特徴や他社製品との差別化ポイントに焦点を当てます。

メッセージが複数ある場合は、動画を分けるなどの工夫も検討しましょう。シンプルで明確なメッセージは、視聴者の記憶に残りやすく、PR効果を高めます。

コツ3|視聴者が共感しやすい工夫をする

PR動画の効果を高めるためには、視聴者が共感しやすい内容や表現を取り入れることが重要です。視聴者の日常生活や経験に基づいたシーンや状況を描くことで、共感を得やすくなります。

例えば、商品やサービスを実際に使用している様子を示すことで、視聴者は自身がそのサービスを受けた時のイメージを具体的に描けます。また、インタビュー形式を取り入れ、実際のユーザーや従業員の声を紹介することも、共感を得やすい方法の一つです。

視聴者が「自分もそう思う」「自分にも当てはまる」と感じられるような内容を心がけることで、PR動画の説得力と印象度が高まります。

コツ4|流行を取り入れた表現を意識する

PR動画制作において、現在の流行や時代のトレンドを意識した表現を取り入れることは、視聴者の関心を引き、印象に残る動画を作る上で効果的です。例えば、人気の音楽やダンス、話題のSNSトレンドなどを適切に活用することで、視聴者との共通言語を作り出せます。

ただし、流行を取り入れる際は、自社のブランドイメージや伝えたいメッセージとの整合性を十分に考慮する必要があります。また、流行は移り変わりが早いため、動画の寿命を考慮して取り入れる要素を選択することも重要です。

適切に流行を取り入れることで、PR動画の新鮮さや親近感を高め、視聴者の興味を引き付けることができます。

コツ5|視聴者同士で意見を交わしたくなる仕掛けを作る

PR動画の効果を高めるには、視聴者同士で意見を交わしたくなるような仕掛けを作ることが重要です。例えば、動画の中に謎解き要素や隠れた情報を入れることで、視聴者の好奇心を刺激し、コメント欄やSNSでの議論を促進できます。

宮崎県小林市 移住促進PRムービー ンダモシタン小林

宮崎県小林市の移住促進PR動画「ンダモシタン小林」では、フランス人男性がフランス語ではなく実は地元の方言で話していたという隠し要素を取り入れ、視聴者が再度動画を見たくなる仕掛けを作っています。

また、視聴者参加型のキャンペーンや、動画内で質問を投げかけるなどの工夫も効果的です。視聴者同士のコミュニケーションが活性化すると、動画の拡散性が高まり、より多くの人々にメッセージを届けることができます。

コツ6|社会貢献の視点を取り入れる

PR動画に社会貢献の視点を取り入れることは、企業イメージの向上や視聴者からの共感を得る上で効果が期待できます。ソーシャルグッド(社会に良い影響を与えるサービスや製品)を意識し、企業のコンセプトと社会問題をどのように結びつけるかを考えることが重要です。

例えば、環境保護、地域コミュニティの支援、人権問題への取り組みなど、企業の社会的責任(CSR)活動を動画で紹介できます。この際、リフレーミング(物事を違う角度から捉えること)の手法を用いて、社会と自社のつながりを創造的に表現することが大切です。

社会貢献の視点を取り入れることで、PR動画は単なる商品宣伝を超えた、より深い意味を持つコンテンツとなり、視聴者の心に響きやすくなります。

PR動画の成功事例

PR動画の成功事例を紹介します。イベント用の新ステートメント発表動画、テレビ局のファンコミュニティサイト、地方自治体の観光プロモーション動画など、様々な目的や業種における効果的なPR動画の事例を取り上げます。これらの事例から、PR動画制作のアイデアやポイントを学ぶことができます

事例1|イベント用動画 新ステートメント発表用動画(Crevo制作実績)

動画の種類 アニメーション 長さ・尺 60〜120秒 費用レンジ 100〜299万円

株式会社HATAの新コーポレートステートメント発表用に制作された動画です。「ココロが、品になる」というメッセージを、温かみのあるイラストと細やかなアニメーション表現を用いて視覚的に伝えています。

化粧品容器メーカーとしての企業理念や、ものづくりへの想いが効果的に表現されています。アニメーション表現を用いることで、抽象的な概念を具体的なイメージとして視聴者に伝えることに成功しました。

出典:Crevo制作実績

事例2|テレビ東京|PR動画「テレ東ファン支局」(Crevo制作実績)

動画の種類 アニメーション 長さ・尺 30〜60秒 費用レンジ 50〜99万円

テレビ東京が運営するファンコミュニティサイト「テレ東ファン支局」のPR動画です。このサイトは、番組制作の裏話や視聴者の感想を共有できる場として2021年10月に開設されました。

動画では、新規会員獲得を目的とし、サイトのメリットをテレ東らしく面白くアピールしています。約1分の長さで、サイト内やSNS、YouTubeでの使用を想定しています。

ストーリーでは、スパイ「セブン」がテレ東内の”謎の組織=テレ東ファン支局”に潜入し、ファンの盛り上がりを目撃。その満足度の高さに感銘を受け、自身も思わず登録してしまうというユーモラスな展開が描かれています。

出典:Crevo制作実績

事例3|茨城県石岡市|プロモーション動画(Crevo制作実績)

動画の種類 実写動画 長さ・尺 60〜120秒 費用レンジ 300万円〜

茨城県石岡市の観光プロモーション用WebCM動画です。「石岡とマッチしない?」をキャッチコピーに、マッチングアプリのような演出で石岡市の魅力を紹介しています。都内から日帰りできる距離にありながら、豊富な観光資源を持つ石岡市の魅力を効果的に伝えています。

動画は公開後わずか10日間で20万回以上の再生を記録し、大きな反響を呼びました。YouTube広告を活用した戦略的な配信により、効率的に多くの視聴者にリーチすることに成功しています。

出典:Crevo制作実績

事例4|CHINTAIの新サービス「haletto」おでかけキュレーションメディアの紹介動画(Crevo制作実績)

動画の種類 アニメーション 長さ・尺 30〜60秒 費用レンジ —

賃貸情報誌「CHINTAI」が提供する、女性向けおでかけキュレーションメディア「haletto(ハレット)」を紹介する動画です。首都圏内(東京・神奈川・埼玉・千葉)の街の魅力を伝えるWebマガジンとして、ライフスタイル情報やイベント情報を女性向けに配信しています。

動画では、20代~30代女性をターゲットにInstagramを活用したビジュアル重視のアプローチを採用しています。視覚的に訴求力の高い内容で、若い女性の興味を引き付けることに成功しています。

事例5|「司法書士法人A.I.グローバル」採用向け会社紹介動画(Crevo制作実績)

動画の種類 アニメーション 長さ・尺 60〜120秒 費用レンジ 〜49万円

司法書士法人A.I.グローバルの採用向け会社紹介動画です。法律手続きの専門家グループとして、他社との差別化をアピールすることを目的としています。

法的手続きのプロとしての強みを紹介し、グループのモットーを通じて数値では表せない魅力を訴求。「楽しくなければ仕事じゃない」というメッセージで締めくくり、ポジティブなイメージを残しています。

制作では、風通しの良さや活発な意見交換が行われる「働き甲斐」のある会社の雰囲気を、ポップでメリハリのあるアニメーションで表現しました。これにより、企業の魅力を視覚的に効果的に伝えています。

出典:Crevo制作実績

事例6|パルコで働くスタッフ向け「パルコが目指す24時間接客」研修用動画(Crevo制作実績)

動画の種類 アニメーション 長さ・尺 60〜120秒 費用レンジ 〜49万円

パルコの社内研修用に制作された動画です。「24時間接客」という新しい接客スタイルについて、スタッフに理解を促すことを目的としています。

動画では、店舗ブログがきっかけで実際の販売につながったスタッフのストーリーを中心に構成されています。デジタルとリアルの融合による新しい接客スタイルの重要性と効果を、具体的な事例を通じてわかりやすく伝えています。社内教育ツールとしてのPR動画の効果的な活用例といえるでしょう。

出典:Crevo制作実績

PR動画は外注と内製どちらがおすすめ?

PR動画制作では、外注と内製にはそれぞれメリットがあります。

外注のメリット

  • プロの技術と経験を活かした高品質な動画制作が可能
  • 客観的な視点や斬新なアイデアが得られる
  • 最新の機材や編集ソフトを利用できる
  • 自社業務に集中できる

内製のメリット

  • 制作コストを削減できる
  • 制作期間を短縮できる
  • 社内のニーズに合わせた柔軟な対応が可能
  • ノウハウを社内資産として蓄積できる

どちらを選択するかは、予算、求める品質、制作頻度などによって異なります。高品質なPR動画を制作する場合は外注、頻繁に更新する社内向け動画は内製が適しています。両方のアプローチを組み合わせることで、効果的なPR動画戦略を構築できるでしょう。

PR動画を外注する際の費用相場

PR動画を外注する際の費用相場は、動画の種類や用途によって大きく異なります。一般的な動画制作1本あたりの費用は、およそ30万円から200万円程度です。

より詳細に見ると、以下のような相場感があります。

実写動画 10万円〜300万円 アニメーション動画 30万円〜100万円 商品紹介・サービス紹介動画 70万円〜150万円 採用動画 100万円〜200万円 会社紹介動画 100万円〜200万円 インタビュー動画 50万円〜150万円

これらの費用は目安であり、実際の制作費は企画内容、撮影方法、編集の複雑さ、ナレーションや音楽の有無など、様々な要因によって変動します。予算に応じて適切な制作方法を選択することが重要です。

PR動画制作ならCrevoへ

Crevoは、2,000社10,000件以上の制作経験を持つ実績豊富な動画制作会社です。PR動画をはじめとする多様な映像コンテンツを提供しています。

アニメーションや実写など、目的に応じた最適な表現方法を選択し、高品質な動画を制作します。企画から撮影、編集まで一貫して対応し、お客様のビジネス課題解決に貢献します。

動画制作が初めての方でも安心してご依頼いただけるよう、丁寧なサポート体制を整えています。PR効果を最大化する戦略的な動画制作は、豊富な経験と専門知識を持つCrevoにお任せください。

まとめ

PR動画とは、企業がサービスや商品の認知度向上やブランディングなどを目的に制作・活用する動画コンテンツです。主な特徴として、ターゲット層に応じた内容設計、オフライン・オンラインでの多様な活用、ストーリー性を重視した構成、CGやアニメーションを用いた分かりやすい表現などが挙げられます。

効果的なPR動画制作には、訴求ポイントの明確化、差別化、魅力的な映像表現が重要です。短時間で多くの情報を効果的に伝達でき、記憶に残りやすく、SNSとの相性も良いため、企業のプロモーション戦略において欠かせない存在となっています。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

インフォメーション