グローバルユーザーを狙え! Google アドワーズ広告のターゲット地域と言語設定の仕組み | アイレップの SEM フロンティア

アイレップの SEM フロンティア - 2012年5月22日(火) 06:00
このページは、外部サイト アイレップの SEM フロンティア の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「グローバルユーザーを狙え! Google アドワーズ広告のターゲット地域と言語設定の仕組み」 からご覧ください。
Google アドワーズのキーワードターゲット広告では、ターゲットとするユーザーに合わせて「地域」と「言語」の設定が可能であり、それぞれ複数の要因が組み合わさり、広告が表示されるかどうかが決定される。そこで今回は、より効果的にグローバルユーザーを狙うための「地域」と「言語」の設定ポイントをお伝えしよう。
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キャンペーン
企業の広告宣伝や販促などの目的で、ある切り口で、ある期間に、あるテーマ・メッセー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]