YouTube動画広告の運用指針|目標インプレッション単価の考え方

投稿日:2020年8月21日/更新日:2021年4月2日 トレンドのYouTube動画について解説!目標インプレッション単価の考え方について紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

昨年からコロナウイルスが爆発的に広がり続け、多くの企業が今までのマーケティング施策では売上が伸びず、頭を抱えています。

コロナウイルスが流行している状況の中で注目されているマーケティング施策の一つにYouTube動画広告があります。実際フルスピードが行った「取り組んでいる顧客獲得施策・今後取り組みたい顧客獲得施策」の調査で、動画広告は「今後取り組みたい」という意向が強いことが分かっています。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]