YouTube動画広告で成果を上げるターゲティング方法

2020年は動画広告が大きく注目された一年でした。2021年も変わらず流行し続けるでしょう。今回Grabでは動画広告のキホンであるYouTube広告で成果を上げるためのターゲティング方法を紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

動画広告はTVCMの代わりとしてブランディング目的で利用することもできます。しかし近年注目されているのは、見込み顧客からのアクションを獲得するための動画広告です。

そのためにはターゲティングを駆使し、ニーズを持った見込み顧客に効果的にアプローチする必要があります。

効果的な動画広告を配信するためにもYouTube広告のターゲティング方法を理解し、活用しましょう。

YouTube広告でターゲティングが重要な理由

YouTubeは全世界で20億人、100カ国80言語に渡り毎日10億時間以上も視聴されています。日本国内だけでも6500万人以上が利用しています。ターゲティングをしなければ、これら全員配信対象者になります。

つまりYouTubeは日本人の生活において当たり前に浸透したサービスだということです。

そのためYouTube広告=TVCMのように使われるようになりました。

しかしYouTube広告の魅力はTVCMのようなブランディング力があることではありません。細かなターゲティングや入札設定を行い、PDCAを回し、費用対効果を高めていける点が最大の魅力です。

そのための基礎となるのがターゲティングです。膨大なYouTubeユーザーから自社の見込み顧客を見つけ出し、効率的にアプローチしていきましょう。

>> 「Grab」で続きを見る

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]