今さら聞けないクリック単価(CPC)とは?高いときのチェックポイントと入札価格の決め方

今回はリスティング広告の基本的な指標であるクリック単価について、概要や改善方法を分かりやすく解説しました。クリック単価とは、広告1クリックあたりの平均費用のことを指し、CPC とも言います。検索広告よりディスプレイ広告のほうが、平均的なクリック単価は低い傾向にあるのも特徴です。相場や決まり方を正しく理解することで CPA 改善にもお役立ていただけますので、ぜひご一読ください!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

リスティング広告の基本であるクリック単価について正しく理解していますか?クリック単価自体は単純な指標ですが、その決まり方は意外と複雑です。

また、キーワードや広告の形式・媒体によって傾向が変わります。今回はクリック単価の基本情報や改善方法について、分かりやすさ重視で解説していきます。

クリック単価とは、広告1クリックあたりの平均費用

リスティング広告で「クリック単価」という場合は、広告1クリックあたりの平均費用のことを指し、CPC(Cost Per Click)とも言います。

クリック単価の計算式は、広告費 ÷ クリック数で、リスティング広告において費用対効果を決定する重要な指標です。クリック単価 =「広告でユーザーをサイトに流入させる単価」なので、クリック単価が低いほど広告の費用対効果が高くなります。

似たような単語を整理しておこう

「クリック単価」や「CPC」を含む単語は複数あり、媒体によっても名称が違うので、各用語の意味を表でまとめました。混乱しないように、しっかりと覚えておきましょう。

Google 広告での名称Yahoo! 広告での名称意味
平均クリック単価平均 CPC・1回のクリックに対して発生した広告費の平均金額
上限クリック単価入札価格・1回のクリックに対して支払い可能な上限額
・管理画面上でキーワードや広告グループに対して設定できる(自動入札の場合を除く)

一般的に「クリック単価」という場合、平均クリック単価(平均 CPC)を指していることがほとんどです。

クリック単価はオークションで決まる

Google・Yahoo! のリスティング広告はオークション形式なので、クリック単価は競合とのオークションによって決まります。ただし、そのオークションでは単純に入札金額で争うわけではなく、「広告ランク(Google)」「オークションランク(Yahoo)」という指標で戦うことになります。

このランクが高いほど上位の広告枠に掲載されます(※)。広告ランク、オークションランクはそれぞれ以下の要素で決定されます。

広告ランク(Google)オークションランク(Yahoo!)
入札価格広告グループやキーワードに設定した入札価格
広告とランディング ページの品質推定クリック率
広告ランクの下限値表示URLの過去のクリック率
オークションでの競争度広告文と検索クエリーの関連性
ユーザーが検索に至った背景(コンテキスト)広告が掲載された地域別の掲載実績(アカウント全体)
広告表示オプションやその他の広告フォーマットの効果インターネットユーザーの検索クエリー
各種デバイス(PC、スマートフォン、タブレット)での広告の掲載実績

広告ランク、オークションランクによって掲載順位が決まり、クリック単価は「掲載順位が1つ下の競合相手のランクを上回るために最低限必要な金額」となります。

※厳密には、ランクの下限というものが存在しているので、相対的にランクが上位であれば必ず上位の広告枠に掲載されるというわけではありません。入札している競合がいない独占状態であっても一定以上のランクがないと広告が表示されません。

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

行動ターゲティング
ネット広告の種類の1つ。 ユーザーごとに、そのユーザーがネット上でどんなサ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]