毎日新聞創刊150年記念! 連続オンラインイベント「Discover Mainichi Week 2022」 2月14日(月)スタート!

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2022年01月27日(木)
株式会社毎日新聞社
毎日新聞社(代表取締役社長:丸山昌宏)が1872(明治5)年より発行してきた毎日新聞は、2月21日で創刊150年を迎えます。これまで支えていただいてきた皆さまへの感謝の思いを込め、その前後1週間を「創刊150年記念ウイーク」とし、ご縁をいただいてきた外部の方々に毎日新聞の多彩な「顔」を対談形式で語ってもらうオンライントークセッション(一部はリアル)を連続的に計8回開催します。題して、「Discover Mainichi Week 2022」。新聞メディア全体の未来にも話は及ぶ予定です。ご期待ください。



■イベントの詳細・お申し込みはこちらから
https://www.mainichi.co.jp/150th/event/

毎日新聞社は1872(明治5)年2月21日、木版2色刷り1ページ、わずか1239文字のメディアとして東京・浅草で産声をあげました。ジャーナリズムの力で隠された事実を明るみに出し、より良い社会にしたい。スポーツや芸術の魅力を広く伝え、暮らしをより豊かにしたい。そんな思いを胸に数々のスクープや調査報道を重ね、さまざまな事業を主催しながら150年。国内に現存する日刊紙の中では、最も長い歴史を刻んできました。

今回の創刊150年にあたり、創刊記念日(2月21日)の前後1週間(14~28日)を「創刊150年記念ウイーク」とし、つながりをいただいてきた外部の方々に、毎日新聞や新聞メディア全体について語っていただくオンライントークセッション(一部リアル)を計8回、連続的に開催します。文学や歴史、美術や映画、ジャーナリズムやオピニオンといったテーマごとに、各界でご活躍の方々が登場します。

連続セッションの総タイトルは「Discover Mainichi Week 2022」。毎日新聞社が主催してきた数々の事業、新聞界のグランプリである新聞協会賞を最多の33件受賞している毎日新聞の報道。これらについて、きたんなく話していただくことで、この150年の来し方を改めて見つめ直し、その先の未来を展望することにつながるのではないかーーそんな「発見」があると考えます。また、最も長い歴史を持つ毎日新聞の歩みは、日本のメディアの歴史そのものとも言えます。新聞メディアの明日はどうなるのか。どういう役割を果たすべきなのか。セッションは多岐にわたる予定です。ぜひ、この機会をお見逃しなく。ご期待ください。

■「Discover Mainichi Week 2022」イベントの一覧


2月14日 (月)    五木寛之×梯久美子 私たちは何を伝えてきたか~小説とノンフィクションと新聞~
2月16日 (水)    趙治勲×井山裕太 絶対王者はなぜ生まれたのか~本因坊戦10連覇対談~
2月17日 (木)    柳井正×山中伸弥 コロナの時代に伝えたいこと~新聞の価値と未来~
2月19日 (土)    山下裕二×冨田章×橋本麻里 『初老耽美派』がいざなう美術展の世界
2月22日 (火)    田中里沙×田中淳一 新聞とブランド~CMのプロが語る創刊150年~
2月23日 (水・祝)  西川美和×向井康介 映画と新聞の向き合い方~毎日映画コンクールの世界~
2月25日 (金)    西田梓×佐木理人 「点字毎日」創刊100年~『点毎』のすべて教えます~
2月27日 (日)    池上彰×星浩 毎日ジャーナリズムとは何か ~私たちが見たその本質と魅力~


■イベントの詳細・お申し込みはこちらから
https://www.mainichi.co.jp/150th/event/



■毎日新聞について
・1872(明治5)年、前身の東京日日新聞が東京・浅草で創刊。発行する媒体の歴史も古く、1922(大正11)年には総合週刊誌「サンデー毎日」と、新聞社が発行する国内唯一の点字新聞「点字毎日」も創刊されました。毎日小学生新聞は1936(昭和11)年の創刊から85周年を迎えています。新聞界のグランプリ・新聞協会賞を受賞した報道は、協会加盟社中最多の33件を誇り、確かで深い取材力には定評があります。また、センバツ高校野球▽都市対抗野球▽全国高校ラグビー大会▽将棋の名人戦・王将戦▽囲碁の本因坊戦▽青少年読書感想文全国コンクール▽全日本学生音楽コンクール▽毎日書道展▽毎日映画コンクール--など数多くのスポーツ・文化事業を主催しているほか、2021年からは卓球「Tリーグ」のメディアパートナーとなりました。これからも優れた記事コンテンツをお届けするとともに、スポーツや文化の発展のため、主催事業の魅力をさらに高め、創刊150年以降も、「総合メディア企業」として歩み続けていきます。


■創刊150年ロゴ


・分断が進んでいるとされる社会を、毎日新聞のジャーナリズムの姿勢によって、つないでいく。それが150年その先も毎日新聞の使命であることを表現しました。ロゴマークは毛筆に近い抑揚のある柔らかな曲線、丸くつながっていく形が特徴です。これまでの150年からその先へ、うねりながら変化していく歴史と、その中を人々がお互いをわかり合い、支え合って生きられるように、毎日新聞がその力となれるように、という希望を込めデザインされました。


■創刊150年特設サイトはこちらから
https://www.mainichi.co.jp/150th/
■毎日新聞の購読申し込みはこちらから
https://form.mainichi.co.jp/annuncio/koudoku/form.html
■毎日新聞デジタルの会員登録はこちらから
https://mainichi.jp/info/


■本リリースに関するお問い合わせ先
毎日新聞社カスタマーリレーション本部
mai-cr@mainichi.co.jp
■創刊150年連続イベント「Discover Mainichi Week 2022」に関するお問い合わせ先
毎日新聞社オンラインイベント事務局
event@mainichi.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]