DoS とは 意味/解説/説明 (ディーオーエス) 【Denial of Service, サービス運用妨害】

よろしければこちらもご覧ください

読み方

ディーオーエス

略語/フルスペル/訳語

Denial of Service, サービス運用妨害

DoS(DoS攻撃)とは、セキュリティ攻撃の一種。

サーバーに対して通常の範囲を超えたアクセス(に類似する)接続を送り込むことで、Webサーバーなどが処理をさばけない状態を作り出し、本来の利用者に対してサービスを提供できないようにする攻撃のこと。

単にサーバーの性能を上回るアクセスをプログラムなどから作り出すほかにも、TCP/IPやHTTPの仕様上の特性を悪用した特別なパケットをサーバーに送り込んだり、ネットワーク内の多数のコンピュータからサーバーに通信を発生させたりといった、特殊な手法を用いる攻撃もある。

「サービス拒否攻撃」と訳されることが多いが、近年使われるようになった「サービス運用妨害」という表現が実態に即している訳語だと思われる。

この記事が役に立ったらシェア!

用語「DoS」が使われている記事の一覧

全 21 記事中 1 ~ 21 を表示中

PR

兼任Web担当でITの知識も予算もない。もしサイトでトラブルがあったら、だれに頼ればいいの?

自社サイトにセキュリティの問題が発生! あなた1人で対応できますか?
知って得するドメイン名のちょっといい話

それってホンモノ?ニセモノ?/知って得するドメイン名のちょっといい話 #17

アクセスしたサイトがホンモノなのかニセモノなのか、ドメイン名やSSL証明書で見破る方法があります
知って得するドメイン名のちょっといい話

DNSサーバーがDDoSに悪用される!?/知って得するドメイン名のちょっといい話 #5

DNSがDDoSの道具となってしまうという危険性
初代編集長ブログ―安田英久

サイトをDDoS攻撃から無料で守ってくれるGoogle Project Shieldに登録してみた

DoS攻撃とかDDoS攻撃って何なのか、どうやれば守れるのかを解説

CTC教育サービスメルマガ 5 月号 最新のセキュリティを学びたい方は「実践!セキュリティ」コース がおススメ!

新任Web担当者必見!自社サイトの運用レベルをチェックする7つのポイント

4月といえば人事異動の季節。 新たにWeb担当者に着任した方も多くいらっしゃることでしょう。 そんな新人Web担(「うぇぶたん」といいます)のみなさま…

「Web運用のプロだから提案できる最新のセキュリティ対策」

2017/5/25開催 Webセキュリティセミナー

クラスキャットがユーザー数別対応の迷惑メール対策アプライアンスを提供開始

総務省のガイドラインに準拠、導入・運用しやすいソリューションで販売

ワダックスが専用型レンタルサーバーでRAID6を導入したハイエンドプラン提供開始

セコムトラストシステムズの不正侵入検知防御、大規模DoS攻撃防御も標準提供

ワダックスのレンタルサーバー「@Next Style」が大規模DoS攻撃に対応したセキュリティ採用

共用レンタルサーバー「@NextStyle」に「DoS防御オプション」を導入。
先週のWeb担まとめ記事

2009/01/24~2009/01/30に公開されたWeb担の記事まとめ

Web担で1週間に更新された記事を、編集部のお勧めマーク付きでまとめて紹介。見逃している記事がないか、まとめてチェック!
先週のWeb担まとめ記事

デザイン外注で「コレジャナイ」にならない配色指示のポイント

「Web担当者は検索エンジンの先にいるお客さまを見ろ」「検索結果全体にAMP拡大」なども
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]