DoS とは 意味/解説/説明 (ディーオーエス)

サイバー攻撃の手法の1つ。大量アクセスで相手サイトを停止に追い込むのが狙い。

読み方

ディーオーエス

「Denial of Services」(サービス運用妨害)の略で、サイバー攻撃の手法。正式には「DoS攻撃」(Denial of Services attack)と呼ばれる。攻撃相手のサイトに、大量アクセス・不正アクセスを短時間に行い、過負荷を与え、サービス停止状態などに追い込む手口を指す。

相手サイトにブラウザでアクセスして、F5キーを何度も押して再読み込みを繰り返す「F5攻撃」は、古典的な人力頼りのDoS攻撃だが、嫌がらせとして行われるケースがいまだに多い。

また一方で、相手の処理能力を超えるデータを大量に送り付ける必要があるため、複数PCを使って組織的に行われることも多い。近年はIoT機器を乗っ取り踏み台化し、ボットネットを構築して攻撃するサイバー犯罪も増加している。こうした大規模攻撃は「DDoS攻撃」(Distributed Denial of Service attack、分散型サービス運用妨害攻撃)と呼ばれている。基本的には、敵対する国家・組織・企業などのサービスを停止させるのが狙いだ。

また政治活動として相手組織に仕掛けるケースもあり、インターネットの抗議団体「アノニマス」や韓国の市民団体「VANK」が多用している。

DoS/DDoS攻撃を受けた場合、想像以上に金銭面・信用面で被害が及ぶこともある。しかし一般利用者からのアクセスとの切り分けは事前にしにくいため、サーバーの負荷が急上昇していないか常時監視するとともに、不審なIPアドレスからの接続を臨機応変に遮断するといった対処が必要だろう。

※なおWindows以前に普及していたオペレーティングシステム「MS-DOS」を略して「DOS」(ドス)と呼ぶこともある。DoSとは無関係。

この記事が役に立ったらシェア!

用語「DoS」が使われている記事の一覧

全 6 記事中 1 ~ 6 を表示中

兼任Web担当でITの知識も予算もない。もしサイトでトラブルがあったら、だれに頼ればいいの?

自社サイトにセキュリティの問題が発生! あなた1人で対応できますか?
狐塚 淳2018/4/9 7:007122Sponsored
知って得するドメイン名のちょっといい話

それってホンモノ?ニセモノ?/知って得するドメイン名のちょっといい話 #17

アクセスしたサイトがホンモノなのかニセモノなのか、ドメイン名やSSL証明書で見破る方法があります
宇井 隆晴(JPRS)2011/4/14 8:0032712
知って得するドメイン名のちょっといい話

DNSサーバーがDDoSに悪用される!?/知って得するドメイン名のちょっといい話 #5

DNSがDDoSの道具となってしまうという危険性
宇井 隆晴(JPRS)2009/1/15 11:00613542
初代編集長ブログ―安田英久

サイトをDDoS攻撃から無料で守ってくれるGoogle Project Shieldに登録してみた

DoS攻撃とかDDoS攻撃って何なのか、どうやれば守れるのかを解説
安田英久(Web担 編集統括)2016/10/4 11:003841342
先週のWeb担まとめ記事

2009/01/24~2009/01/30に公開されたWeb担の記事まとめ

Web担で1週間に更新された記事を、編集部のお勧めマーク付きでまとめて紹介。見逃している記事がないか、まとめてチェック!
Web担編集部2009/2/2 16:44010
先週のWeb担まとめ記事

デザイン外注で「コレジャナイ」にならない配色指示のポイント

「Web担当者は検索エンジンの先にいるお客さまを見ろ」「検索結果全体にAMP拡大」なども
Web担編集部2016/10/11 7:1613200
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]