「楽天市場」で能登半島地震の復興応援特設ページ、北陸4県の1800点1000万商品を紹介 | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2024年5月23日(木) 08:30
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「「楽天市場」で能登半島地震の復興応援特設ページ、北陸4県の1800点1000万商品を紹介」 からご覧ください。

楽天グループは5月17日、「楽天市場」で「令和6年能登半島地震」被災地域の復興支援特設ページ「北陸げんき市 買って応援!食べて応援!北陸4県 お買い物deエール」を公開した。北陸4県の「楽天市場」出店店舗1800以上が参加し、1000万点以上の商品を紹介している。

楽天グループは5月17日、「楽天市場」で「令和6年能登半島地震」被災地域の復興支援特設ページ「北陸げんき市 買って応援!食べて応援!北陸4県 お買い物deエール」を公開北陸4県の楽天市場出店の1800店舗1000万商品を紹介

「令和6年能登半島地震」被災地域の事業者にとって、地場商品の安定的な販路の確保が課題の1つ。楽天は、特設ページの開設を通じて商品の販売機会を創出することにより、復興支援の一助となることをめざす。

特設ページでは、石川県、富山県、福井県、新潟県の「楽天市場」の出店店舗1800店舗以上が販売する1000万点以上の特産品や銘菓を含む商品を紹介している。タイトルに合わせ「食べて応援」「買って応援」とそれぞれ特産品を特集。「食べて応援」では、菓子・スイーツ、海産物、肉などの特産品をまとめた。「買って応援」では、金箔・漆器・陶磁器などをまとめている。

そのほか、「北陸復興への取り組み」として楽天グループが4月に石川県立輪島高等学校などの高校生を都内・世田谷の本社に招いて実施した支援イベント「のと応援Week」の様子なども紹介。能登の特産品を販売する物産展を実施し、被災地域の高校生が楽天の従業員に向けて特産品の魅力や、被災地域の現状を伝える活動を行った。

高校生を招いた支援イベント「のと応援Week」の様子も紹介

楽天グループでは「令和6年能登半島地震」の復興支援として、インターネット募金「楽天クラッチ募金」において、「令和5年能登半島地震被害支援募金」への寄付受付を行ったほか、「楽天ふるさと納税」においても、特設ページを開設するなど継続した支援を実施している。

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム - 通販・ECの業界最新ニュースと実務に役立つ実践的な解説」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:「楽天市場」で能登半島地震の復興応援特設ページ、北陸4県の1800点1000万商品を紹介
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

HCI
(1)ハイパー・コンバージド・インフラストラクチャー(Hyper Converg ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]