データポータルにエンタープライズ IT 向け新規コントロールを導入 | Google Analytics 日本版 公式ブログ

Google Analytics 日本版 公式ブログ - 2020年8月3日(月) 15:00
このページは、外部サイト Google Analytics 日本版 公式ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「データポータルにエンタープライズ IT 向け新規コントロールを導入」 からご覧ください。
この記事は、Google ブログ記事 「New Enterprise IT Controls for Data Studio」を元に構成しております。
組織全体でデータポータルが活用される中、IT 管理者はデータポータルの使用方法を管理する方法を問われてきました。無料の 3 つのエンタープライズ機能により、IT 管理者は組織内でのデータポータルの使用を新たな方法で把握して管理できるようになりました。


Cloud Identity の統合による組織管理


データポータルを Google Cloud Identity と統合することで、組織全体での管理が可能になりました。この統合により Cloud Identity 管理者は、データポータルを使用できるユーザーとその使用方法を管理できます。G Suite と Cloud Identity を利用されている場合は、データポータルとの統合はすでに完了しているため、データポータルの新規管理機能をすぐにご利用いただけます。Active Directory などの他の ID プロバイダを使用している場合は、Google Cloud Identity とユーザーを同期すると、ユーザーの作成、一時停止、削除を 1 か所で行えるようになります。



エンタープライズの監査ログ



この度、監査ログがデータポータルに実装されました。IT 管理者は監査ログを使用して、ドライブやカレンダーなどのアプリと同様に、組織全体のデータポータルの使用状況を確認できるようになります。たとえば管理者は、データポータルのレポートを作成しているユーザーと、そのレポートを共有しているユーザーを把握できます。また、最もエンゲージメントが高いレポートを特定して、そのレポートを組織全体で活用できます。カスタム アラートにより、データソースの外部共有などの危険性のあるアクティビティを監視して、監査ログを BigQuery にエクスポートし、データポータルで詳細を確認することができます。詳細



組織の共有ポリシー



データポータルの新しい共有ポリシーで、データの持ち出しのリスクを軽減できます。ユーザーが組織外でレポートを共有できないように制限を設定したり、公開リンクの共有を無効にしてユーザーが社内のデータを公開しないように設定したりすることが可能です。



共有ポリシーを使用すると、共有権限をビジネスニーズに合わせて柔軟に定義できます。特定のユーザーには外部とのレポート共有を許可し、他のユーザーは組織内でのみ共有できるように設定することが可能です。詳細





監査ログと共有管理のために特別な変更を行う必要はありません。。組織の共有ポリシーは、G Suite と Cloud Identity Free を含む Cloud Identity のすべてのエディションに含まれます。データポータルがあらゆる規模のビジネスに効果的なソリューションとなるよう、データポータル チームは日々努力しています。これからもこの基礎の上にサービスを構築してまいります。チームの活動を通じて、重要なビジネスデータを安全に保ちつつ、組織のユーザーの皆様に重要なインサイトを提供できれば幸いです。

投稿者: Graham Kaplan(データポータル、プロダクト マネージャー)
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ポストインプレッション
広告の効果に関する用語の1つ。広告を見たことでそのあとのユーザーの行動が変わる効 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]