社長の思いやビジョンが伝わる!インタビュー動画のメリットと制作の注意点 | VIDEO SQUARE

VIDEO SQUARE - 2019年5月23日(木) 11:00
このページは、外部サイト VIDEO SQUARE の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「社長の思いやビジョンが伝わる!インタビュー動画のメリットと制作の注意点」 からご覧ください。

社長のイメージ

会社案内や企業のブランディングにはさまざまな手法があります。社長のインタビュー動画も企業イメージを高める方法のひとつで社長の思いが伝わりやすいため、プラスの効果が期待できます。この記事では、社長のインタビュー動画を活用するメリットや、制作する際の注意点について紹介していきます。

社長のインタビュー動画を活用するメリット

動画には多様な表現方法が考えられ、また企業のブランディングなどにもたくさんの手法があります。そのなかで、なぜ社長のインタビュー動画に注目するのでしょうか。ここでは、社長インタビュー動画メリットについて3つのポイントから解説していきます。

熱意や感情が伝えられる

企業のビジョンや方針などは一言で表せるようなものではなく、文字や画像で伝えようとしてもなかなか伝わりづらいことが多いです。文字だけによる説明だと、伝えたい内容によっては何十ページにも渡ってしまいますし、画像だけでは抽象的で理解しづらい可能性があります。一方、視覚的な要素のみならず、音を組み合わせたり、ポイントを際立たせたりすることができる動画は情報伝達能力に優れているため、短時間でメッセージを伝えるのに向いています。社長のインタビュー動画を利用すれば、細かなニュアンスや社長の人柄まで伝えることができます。その結果、社長の熱意や感情が、視聴者となる顧客や社員にも浸透しやすくなるのです。社長だからこそいただく思いを表明することで、共感を呼ぶきっかけを与えられるでしょう。

企業ブランディングに効果を発揮する

企業のトップである社長のインタビュー動画を公開することで、企業ブランディングへの貢献が期待できます。たとえば、どのような人物が社長をしているかは企業イメージを左右します。個性的な社長であれば、その企業にも個性的なイメージがつくことは珍しくありません。社長の顔や名前を会社の顔として覚えてもらうことができれば、ユーザーからの信頼や親しみやすさにもつながるのでしょう。一般的に社長はその企業の代表であり、象徴や顔ともいえる存在です。社長が自ら顔を出してユーザーとコミュニケーションをとることで、企業全体の好感度を高めることにつなげられます。

優秀な人材採用につながる

社長のインタビュー動画は宣伝広告だけにとどまらず、採用動画としても活用することができます。経営のトップである社長のインタビューを活用すれば、会社の役割や将来のビジョン、求める人材などについての理解を志望者に対して深めさせることが容易になります。その結果、共感した優秀な人材が集まりやすいので、企業にプラスの効果を与えてくれるでしょう。

また、社長のインタビュー動画を制作しておくと、会社説明会で社長のスケジュールが合わずに登壇できないような場合でも、動画を活用できるというメリットもあります。さらに、説明会で動画を使うことで、マイクによる説明が続いてしまいがちな単調な雰囲気に、メリハリを持たせることもできるようになるでしょう。アイデア次第でインタビュー動画の使い道は案外たくさんあるのです。

社長のインタビュー動画を制作する際の注意点

社長のインタビュー動画に高い効果が期待できるといっても、どのような動画でも良いというわけではありません。この段落では、3つの押さえておくべき動画を制作するうえでの注意点について説明します。

シナリオを作る

社長インタビューを行う際には、目的やターゲットをふまえたうえで臨むことが重要です。採用目的の動画ならターゲットは就活生になりますし、企業ブランディングなら顧客や取引先などがターゲットです。また、動画全体の流れや構成を考えておくのも大事な要素です。質問が単発にならず、前の質問で述べた社長の言葉に関連性のある質問を次につなげると、動画の中でストーリー性を出しやすくなります。目的やターゲットが異なれば質問内容が異なるのは当然です。インタビューの質問はあらかじめ準備し、全体のシナリオをどうするか考えておくとスムーズにことが運べるようになるでしょう。

インタビュアーにこだわる

一般的に、インタビュー動画は誰がインタビューするかで印象が大きく違ってくるものです。社長へのインタビューも例外ではありません。たとえば、社員がインタビュアーとなる場合は、すでに関係性ができているので、全体として自然な印象になりやすいという特徴があります。また、プロのインタビュアーに依頼する場合は、プロならではの質問の仕方や受け答えができるので、スマートな印象を受ける動画になる可能性が高いこともあわせて覚えておきましょう。

一方、コストを抑えたいのなら、外部から呼んだ撮影者をインタビュアーとして兼任させることも可能です。しかし、関係性が築けていないと受け答えがぎこちないものになりがちなので注意しましょう。

テロップやインサートカットを活用する

インタビュー動画内にインサートカット(ひとつのシーケンスに別のカットを挿入して映像の流れに違和感をなくす編集手法)を使用すると、単調になりがちな動画を変化あるものにできるので有効的な手法です。これはジャンプカット(時間やアクションが急に飛んだような印象を与える編集手法)による違和感を避けるという意味合いのほか、言葉だけでは語りきれない情報を視覚的に見せるという役割もあります。たとえば、社長の仕事風景や社長室の本棚など、視聴者に伝えたいことに近いモチーフを選ぶことで、インサートカットをより有意義なものにすることが可能となります。

また、強調したい箇所をテロップで表示すると、より社長の言葉が印象に残りやすい動画にできるでしょう。インタビューのみが淡々と続く画面では単調となり、視聴者は退屈に感じて動画が逆効果になるおそれがあるので、メリハリをつけたストーリー性などが重要となります。

社長インタビュー動画の事例紹介

社長インタビュー動画の好例を参照し、どのような構成や切り口があるのかを見ていきましょう。この段落では、3つの事例を紹介していきます。

株式会社アーバンリサーチ

出典:URBAN RESEARCH MEDIA

株式会社アーバンリサーチによる2020年新卒採用向け社長インタビューでは、企業ビジョンや入社する新卒に対して期待することなどを含めた内容で構成されています。背景の明度を落として目立つ工夫をしたテロップを使ったり、質問内容を画面の左上に載せたりすることで、社長の語っている内容をより理解できるよう視聴者に見せているのが特徴です。こちらの動画は社長の顔以外の視覚情報はほとんどないものの、顔を別方向から映すカットを入れることで画面に動きを与えています。

KDDI株式会社

出典:KDDIofficial

KDDI株式会社による2020年度新卒採用向け社長インタビューでは、視聴者に伝えたい重要なキーワードにテロップをつけて、ポイントは何かをわかりやすくしています。社長を映す双方向からのカットがしばしば入れ替わり、画面を退屈にさせない工夫がなされています。最後の「学生の皆さまへ」という項目では、社長を画面中央に据えた新しいカットを用いながら、ターゲットである学生に語りかける演出がなされています。

社長の熱量が感じられるインタビュー動画にしよう

社長のインタビュー動画では、社長の思いの熱量を伝えるのが重要な目的です。そのためには、ストーリー性やインサートカットの使い方がポイントになります。クオリティの高いインタビュー動画を求めるのなら、制作実績が豊かな動画のプロに頼むのがおすすめです。動画制作サービスのCrevo(クレボ)でも社長インタビュー動画の制作が可能なので、ぜひ一度相談してはいかがでしょうか。企業イメージを高められ、視聴者へのインパクトも大きな社長インタビュー動画を作り、ビジネスに活用していきましょう。

動画制作におすすめのCrevo

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

 Crevoの関連サービス

インタビュー・お客様の声の動画制作・映像制作

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]