保護されたウェブの普及を目指して | Google ウェブマスター向け公式ブログ

このページは、外部サイト Google ウェブマスター向け公式ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「保護されたウェブの普及を目指して」 からご覧ください。
この記事は Chrome セキュリティ プロダクト マネージャー、Emily Schechter による Chromium Blog の記事 "Chromium Blog: A secure web is here to stay" を元に翻訳・加筆したものです。また、Google Developers Japan ブログに投稿された記事のクロスポストです。詳しくは元記事をご覧ください。

私たちはここ数年間、サイトで HTTPS による暗号化を採用するよう強く働きかけることによって、保護されたウェブを目指してきました。そして昨年は、「保護されていません」と表示される HTTP ページを徐々に増やすことによって、HTTP サイトが保護されていないことをユーザーに理解してもらうよう努めてきました。2018 年 7 月に Chrome 68 がリリースされると、すべての HTTP サイトに「保護されていません」と表示されるようになります。

Chrome 68 では、すべての HTTP ページのオムニボックスに「保護されていません」と表示されます。

デベロッパーはサイトを HTTPS に移行し、ウェブを誰でも安全に使えるようにしてきました。昨年の進展はめざましく、その動きはさらに続いています。

  • Android と Windows の Chrome トラフィックの 68% 以上が保護されています。
  • Chrome OS と Mac での Chrome トラフィックの 78% 以上が保護されています。
  • ウェブ上のトップ 100 サイトのうち、81 がデフォルトで HTTPS を使用しています。

Chrome は、HTTPS をできるだけ簡単に設定できるようにするために貢献しています。デベロッパーがサイトを HTTPS に移行する助けになるように、ウェブページを改善するための自動ツール、Lighthouse最新 Node CLI 版では、混合コンテンツの監査が可能になっています。この Lighthouse の新しい監査機能を使うと、HTTP を使ってサイトに読み込まれているリソースや、サブリソースの参照を HTTPS 版に変更するだけで HTTPS にアップグレードできるリソースを見つけることができます。

Lighthouse は、ウェブページを改善する自動デベロッパー ツールです。

Chrome の新しいインターフェースでは、すべての HTTP サイトが保護されているわけではないことがわかりやすくなるため、ウェブをデフォルトで保護された HTTPS に切り替えるよう促す効果があります。HTTPS は、今までになく簡単で安価なものになり、パフォーマンスの改善や、HTTP で扱うには危険だった、パワフルな新機能を利用可能にします。デベロッパーの皆さんは、まずセットアップ ガイドをご覧ください。

Reviewed by Eiji Kitamura - Developer Relations Team
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]