第56回HCD-Netサロン「コンテキストサイエンスとHCD」開催のお知らせ | HCD-Net

HCD-Net - 2015年7月21日(火) 11:27
このページは、外部サイト HCD-Net の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「第56回HCD-Netサロン「コンテキストサイエンスとHCD」開催のお知らせ」 からご覧ください。

  HCDのサイクル(ISO 9241-210)で述べている「ユーザーの利用状況の理解」は、文脈的な理解の中からユーザー行動の背後にある真の意識や想い(インサイト)を読取ることを求めています。エスノグラフィが普及しつつある昨今、この趣旨は理解され実践されているようにも見受けられます。しかし実態は、表面的な特徴を捉えそれをユーザーの真の姿と早合点してしまう“強引な理解”のケースが散見されます。

例えば:

・訪問するユーザーの定義が不十分なまま訪問してしまう。

・1,2回訪問し短時間のインタビューを行っただけで、ユーザーのコンテキストを理解したつもりになってしまう。

・現製品やサービスの改善事項は見いだせるが、イノベーションにはなかなか結びつかない。

  これらの問題を回避するためには、数週間から数か月という、比較的長期にわたる観察でこそ得られる“文脈的な理解”に、その糸口を求めることができます。観察スキルを高めるのは云うまでもありませんが、短期間の観察で生じる社会心理的な観察者効果の一種である「認知バイアス」などが、インサイトの読み取りにも悪影響を与えます。目的を「改善」に置くならば、現状の問題が一通り分かれば要は足ります。しかし「イノベーション」につなげるためには、“一通りの理解”では不十分であり、ブレークスルーには容易に結び付きません。

  本サロンでは、“文脈的な理解”とはどういうことなのか、その核心を科学的視点で再確認します。東京工科大 大学院の上林氏には、マウスやスプレッドシートの発見、およびPARCの活動など、歴史的な事例をご紹介いただきながら、“文脈理解を踏まえたイノベーションへのヒント”についてお話しいただきます。また、富士ゼロックスの田丸氏には、サービス部門向けの情報配信サービス開発事例を通じて、エスノグラフィーによるサービスエンジニアの仕事に関する文脈理解、共創的なサービス開発プロセスについてお話しいただきます。

  なお、本回のテーマでは、「サイエンス」という言葉を使用しています。主な期待は、「ユーザーの利用状況の理解」について科学的な解釈を共有することです。しかしもう一つのささやかな期待としては、企業活動としてエスノグラフィに取組んでおられる、UXデザイナーやHCD専門家の方々による社内啓蒙が進むことがあります。その一助となれば幸いです。

 

■日時:9月18日(金)18:20~21:00 (受付開始:18:00~)

 

■会場:東京工科大 蒲田キヤノンパス 3号館2階 30201教室

http://www.teu.ac.jp/campus/access/006648.html

 

■プログラム:

18:20~18:40

①エスノグラフィの「不適切な導入」について

(松原 幸行氏)

 

18:40~19:20

②文脈依存科学(コンテキストセンシティブサイエンス)に基づくイノベーション

(上林憲行氏)

 

休憩:19:20--19:30

 

19:30~20:10

③富士ゼロックスの取り組み

(田丸 恵理子氏)

 

20:10~20:50

④ディスカッション「イノベーションに向けて」

(上林氏・田丸氏・松原氏)

 

■定員:50名(先着順)

 

■参加費:HCD-Net会員:2000円・学生会員:1000円

一般:6000円

 

■参加申込方法:

タイトルを「第56回HCD-Netサロン参加希望」として以下の内容を

hcdnet_registration@hcdnet.org までご連絡ください。

---------------------------------------------------

氏名:

所属先名:

会員種別:正会員/賛助会員/学生会員/一般/一般学生

電話番号:

メールアドレス:

参加費領収書の宛名:

※記載がない場合は所属先名で発行いたします。

----------------------------------------------------

受付メールを事務局より返信いたします。参加費の支払い方法の案内は受付メールに記載されています。受付メールが2、3日(土日祝日を除く)で届かない場合は事務局にご連絡ください。請求書をご希望の場合は本文にその旨と、請求書のあて先と郵送先をご指定ください。

 

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトアウト
個人情報取扱事業者による個人情報の第三者提供に際して、本人が事業者に対して、その ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]