通販は「商品がイメージと異なる」「個人情報が不安」「調べるのが手間」などの声、マーシュ調査 | ニュース | ネットショップ担当者フォーラム | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2015年1月14日(水) 14:30
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「通販は「商品がイメージと異なる」「個人情報が不安」「調べるのが手間」などの声、マーシュ調査 | ニュース | ネットショップ担当者フォーラム」 からご覧ください。
女性がよく通販・ECを利用するカテゴリー上位3位は「衣料品」「食品」「化粧品」

インターネット調査会社のマーシュは1月9日、20代~60代の女性を対象に実施した「通信販売」に関する調査結果を公表した。それによると、通販・ECを利用したことのあるカテゴリー上位3位は「衣料品」「食品」「化粧品」だった。通販に関するデメリットについて意見を求めると「商品がイメージと異なっていた」「個人情報が不安」といった声があがった。

今回の調査は女性375人を対象にに実施。「食品」「飲料(アルコール含む)」「衣料品」「化粧品」「サプリメント・健康食品」「家電製品」の6カテゴリーについて調べた。

調査対象となった女性で、「衣料品」(85.3%)「食品」(81.9%)「化粧品」(79.6%)を通販で利用したことがあるのは8割前後にのぼる。

そのうち、「食品」を月1回以上通販で利用する女性は21.1%となり、「衣料品」(10.4%)、「化粧品」(9.8%)の約2倍利用している実態がうかがえる。

マーシュが行った通信販売に関する調査

通信販売を利用する頻度について

「通信販売」の利用媒体については、9割程度が「インターネット」を使用。続いて「カタログ販売」(家電製品以外)が2位だった。

通信販売のメリットデメリットも調査した。あがった回答の一部は次の通り。

メリットについて

  • いつでも好きなときに買える
  • 家まで商品を届けてもらえる

デメリットについて

  • 商品がイメージと異なっていた
  • 個人情報が不安
  • サイズが合わない
  • 商品情報を自分で調べないといけない

マーシュによると、「(メリットは)価格の安さよりも、利便性が魅力点となっているようだ。(デメリット)情報の安全性や、商品イメージ・情報を自分で調べる手間がかかることが不満に感じられているようだ」としている。

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:通販は「商品がイメージと異なる」「個人情報が不安」「調べるのが手間」などの声、マーシュ調査 | ニュース | ネットショップ担当者フォーラム
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

瀧川 正実
ネットショップ担当者フォーラム編集部 デスク

通販、ECに関する業界新聞の編集記者を経て、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、EC業界に関わること約8年。まだまだ、日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]