“入札”という手段がリスティング広告における唯一の手段ではないことを改めて認識しよう! | アイレップの SEM フロンティア

アイレップの SEM フロンティア - 2012年7月11日(水) 06:00
このページは、外部サイト アイレップの SEM フロンティア の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「“入札”という手段がリスティング広告における唯一の手段ではないことを改めて認識しよう!」 からご覧ください。
リスティング広告を運用していると、入札という施策の重要性を感じない人はいないだろう。なぜなら、入札を行うことで成果が大きく変動するため、である。入札の卓越さにより成果の数%〜数十%が上下することはよくあることだ。今回は敢えて、この入札面を唯一の行うべき最適な手段という幻想から離れ、新しい気づきを提示することを目指し執筆してみよう。
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]