AdWords Editor 更新のお知らせ ( AdWords Editor 7.6.1 ) | Inside AdWords Blog-Japan

Inside AdWords Blog-Japan - 2009年11月16日(月) 08:04
このページは、外部サイト Inside AdWords Blog-Japan の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「AdWords Editor 更新のお知らせ ( AdWords Editor 7.6.1 )」 からご覧ください。
Posted by 菅谷正樹 プロダクトスペシャリストチーム

AdWords Editor が 7.6.1 にバージョンアップされました。今回の大きな変更点として、キャンペーンの広告スケジュールや詳細な地域ターゲット、それから先日リリースされた AdWords の新しい広告フォーマットである YouTube プロモート動画広告を、CSV インポート機能や複数アイテムの追加ツールを使って編集できるようになりました。


<広告スケジュール設定>
広告スケジュール設定を編集できます。広告スケジュール設定をダウンロードしてから、CSV インポート機能、または複数のキャンペーンを追加/更新ツールから編集できます。


















<詳細な地域ターゲット設定>
詳細な地域ターゲット設定を編集できます。詳細な地域ターゲット設定をダウンロードしてから、CSV インポート機能、または複数のキャンペーンを追加/更新ツールから編集できます。

近接ターゲット設定 (特定の住所からの半径指定)
カスタムシェイプのターゲット設定 (座標指定)
除外地域の設定
複数地域の指定

<YouYube プロモート動画広告>
プロモート動画広告をダウンロードできます。プロモート動画広告をダウンロードしてから、CSV インポート機能、または複数のテキスト広告の追加/変更ツールから編集できます。






















<アカウントツリーでの編集>
画面左側のアカウントツリービューで、キャンペーンや広告グループを選択した状態で、以下の編集操作ができるようになりました。
名前を変更: 名前をダブルクリック、F2 キー、名前を右クリックして「名前を変更」 を選択
ステータス変更: 名前を右クリックして 「一時停止」 または 「有効にする」 を選択
削除: Delete キー、名前を右クリックして 「削除」 を選択
未送信の変更を元に戻す: 例えば新しく作成したキャンペーンや広告グループで、名前を右クリックして 「元に戻す」 を選択

<その他の追加機能>
*複数アイテムを追加/変更ツールや重複キーワードの検索ツールで、キャンペーンや広告グループをツリー形式で簡単に選択できます。
*キーワードの関連ワード検索画面で、キーワードの検索結果に追加の関連ワードを含めることができます。また、検索結果にフィルタをかけて絞り込むことができます。
*複数のキャンペーンの追加/更新ツールが追加されました。
*CSV インポート中にエラーが発生した場合、エラー内容を CSV にエクスポートできます。
*コピー、張り付け、エクスポート、インポート操作で、プログレスバーが表示されます。
*CSV エクスポート機能で、イメージ広告の画像ファイルが Zip ファイルに圧縮されて一緒にエクスポートできます。
*新しいショートカットキー: 一時停止 (Ctrl+Shift+P) 再開 (Ctrl+Shift+A)

<地域ターゲットオプションに関する注意>
地域ターゲットオプションが設定されたキャンペーンをダウンロードできますが、地域ターゲットオプションは AdWords Editor 上では編集できません。また、広告単位で地域ターゲットオプションを設定している場合、そのテキスト広告はダウンロードされませんので、ご注意ください。


今回のバージョンアップでは、アップグレード後にアカウント情報をダウンロードし直す必要があります。アップグレードの際に作業中のデータを失わないように、変更内容を送信してからアップグレードするか、変更内容をバックアップしてください。

なお、いままでと同様に、Ver 7.6.1 がリリースされてから 60 日を過ぎると、古いバージョン (Ver 7.5) は利用できなくなりますので、あらかじめご了承願います。詳しくは バージョンアップポリシー (英語)をご確認ください。

新しい AdWords Editor Ver.7.6.1 は、こちらのページ から無料でダウンロードできます。また、詳細につきましては、こちらの リリースノート をご確認ください。

広告編集作業の大幅な効率化に向けて、最新版の AdWords Editor 7.6.1 をぜひご利用ください。
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]