手元において確認したい。新人が覚えるべき広告の成果指標(KPI)とは。ROAS と ROI の違いも解説。

運用初心者のために、広告の成果を分析するときに必須となる基本的な指標の意味と計算式をまとめてみました。混乱しやすいROAS と ROI の違いも解説しています。新人が覚えるべき広告の成果指標(KPI)がばっちりまとまっているので、ぜひマスターして日々の業務にご活用ください!
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

広告運用者にとって広告の成果を分析することは、日々の重要な業務のひとつです。とはいえ、広告運用初心者の方にとっては分析って何をしたらいいかわからない、という方も多いのではないでしょうか。

今回は運用初心者のために、広告の成果を分析するときに必須になる基本的な指標の意味と計算式をまとめてみました。紹介する計算式は以下のとおりです。

成果指標計算式
クリック率(CTR)クリック率=クリック数 ÷ 表示回数 × 100(%)
コンバージョン率(CVR)コンバージョン率=コンバージョン数÷クリック数×100(%)
クリック単価(CPC)クリック単価=費用÷クリック数(円)
コンバージョン単価(CPA)コンバージョン単価=費用÷コンバージョン数(円)
ROAS(Return On Advertising Spend)ROAS=売上÷費用×100(%)
ROI(Return on Investment)ROI=利益÷費用×100(%)

ここからは具体例をもちいて解説していきます。

記事の続きはこちら

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ユーザーエージェント
ブラウザがWebサーバーにデータを取りに行く際にサーバーに対して自動的に通知して ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]