「誰の声」を聞くことがマーケティングにおいて正解なのか?

「誰の声」を聞くことがマーケティングにおいて正解なのか?
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

マーケティング戦略を考える上で常に中心にいるのは「顧客」である。マーケティング担当者は「顧客の声」に耳を傾け、顧客のニーズを満たすことを目的に様々な手段を用いる。しかし、これほどまでに「顧客の声を聞くことの重要性」や「顧客のニーズを満たすことの重要性」が叫ばれてもなお顧客のニーズをつかみきれないだとか、顧客の声を耳を傾けることが出来ない企業がたくさん存在する。

このような事態になったのは企業の努力不足なのだろうか?いや、そんなことはない。各マーケティング担当者は常に顧客の声に耳を傾けているし、顧客のニーズを把握することを意識し続けている。では、なぜ顧客のニーズをつかめないのか?なぜ、顧客の声を正しくキャッチすることが出来ないのだろうか?

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]