トヨタの「KINTO」は成功するのか?マーケティング視点で考える。

トヨタの「KINTO」は成功するのか?マーケティング視点で考える。
よろしければこちらもご覧ください

今回開始する「KINTO」は若者のクルマ離れの抑止も目的の1つであるようだ。この「KINTO」からトヨタのクルマに乗ってもらい将来的に購入してもらうことを想定しているのだろうか?しかし、AOKIの「SUIT BOX」の失敗と同じようなことは起きないだろうか?特に都心の若者にとっては新たに駐車場を用意することは非常にハードルが高く、都市部で「KINTOが初めての車所有」という人は殆どいないだろう。都市部で「KINTO」を利用するとすれば既にクルマを所有している人で他のクルマにも乗ってみたいと思う比較的クルマに興味の高い人にならないだろうか?駐車場はあるしハードルは低いと考えられる。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]