あなたの商品が一番輝く場所はどこですか?視点を変えることでマーケティング成果は上がる。

あなたの商品が一番輝く場所はどこですか?視点を変えることでマーケティング成果は上がる。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

東洋水産のヒット商品、「マルちゃん鍋用ラーメン」は、1990年に発売された「昔ながらの中華そば」が前身となっていることをご存じだろうか?「昔ながらの中華そば」は、通常の生麺とは異なり、打ち粉をしようしないためにゆでこぼしが不要となる「半なま乾燥麺」の技術を採用した商品であった。分かりやすく言うと、生ラーメンなのにインスタントラーメンのように1つの鍋で調理が可能だったのである。インスタントラーメンのように手軽に本格的なラーメンの味を楽しめる商品であった。

しかし、この「半なま乾燥麺」という技術は、ラーメン市場の中では差別化・競争優位性があるとは言えなかった。技術的にはもちろん差別化されたものであり、大手の競合他社がすぐには真似することが出来ない商品であったが、顧客からすれば大きな違いを印象づかせるまでには至らなかった。メインターゲットの子供がいる家庭において、コンロが1つしかないことはあまりなく、鍋1つで調理が可能という点に大きなメリットを感じさせなかったのである。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フジツボ式SEO
主にローカルSEO(地域限定ビジネス向けのSEO)において、顧客にとって印象的だ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]