「先手必勝を繰り返す」ことで優位性を発揮するマーケティング戦略

「先手必勝を繰り返す」ことで優位性を発揮するマーケティング戦略
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「先手必勝」とは、初期段階で競合企業よりも先行することが競争において優位に立つために重要な要素になることを示した概念である。実際、マイクロソフト社の「Office」などは、初期段階での有効打のおかげで支配的な市場シェアを獲得し、不動の地位を築いたように感じられる。最初の有効打は多くの顧客の注目の的となり、その優位性を武器にさらに発展することが出来るという意味において「先手必勝」は多くの国において重要であると考えられている。

しかし、一方で「先手さえとれば良い」というわけではないという意見もある。「先手必勝」とは、飲食業でいうところの立地の良いところを押さえるようなものであり、それだけで成功するわけではないというのである。さらに、昔ほど先手必勝の効果が高くないとも言われている。以前の記事でも書いたが、現代においては、どんなに差別化した商品サービスを投入したとしても数か月もすれば同レベルの商品サービスを投入し追随してくるようになったため、以前ほどの「先手必勝」の恩恵にあずかれないという事態が生まれている。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]