Googleが「Googleマップ」の日本の新しいマップを開発、数週間以内に提供開始

ランドマークを目印にする徒歩ナビゲーション実現、今後はオフラインマップも
よろしければこちらもご覧ください

米国Googleの日本法人、Googleジャパンは、地図情報サービス「Googleマップ」の日本の新たなマップを開発した、と3月6日発表した。数週間以内に提供を始める。ストリートビュー画像、交通機関を含む第三者機関の情報、最新の機械学習技術、ユーザーからのフィードバックなどを活用して新しい地図を作成した。

地図が新しくなることで「次を右折」といったナビゲーションだけはなく「コンビニで右折」のように、ランドマークを目印にする分かりやすい徒歩ナビゲーションを実現する。その後の数ヵ月間には、さらに便利な乗換案内や、ダウンロードしたエリアをネット接続なしで見られるオフラインマップ機能も追加する。

新たなGoogleマップを見てユーザーが戸惑うことながないように早目に公表したという。新地図では、ユーザーがより簡単にフィードバックを送れる仕組みにし、その情報を基にして地図を最新の情報にアップデートする。情報の更新や修正が必要な場合、フィードバックの送信ツールから知らせるように求めている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ドメイン名
ドメイン名は、インターネット上でコンピュータの属する組織を現したり、最終的にはコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]