大日本印刷とEmotion Tech、NPSを活用した「エモーショナルCJM」提供開始

効果的なマーケティング施策を実施する企業のデジタルマーケティングを支援
よろしければこちらもご覧ください

大日本印刷とデジタルマーケティング支援のEmotion Tech(エモーションテック)は、企業が効果的なマーケティング施策を決定する際に有効なツール「エモーショナル カスタマージャーニーマップ(エモーショナルCJM)」を開発し、1月22日に提供を開始する、と同日発表した。エモーショナルCJMは、最適なタイミングで効果的なマーケティング施策を実施する企業のデジタルマーケティングを支援するという。

エモーショナルCJMは、デジタルマーケティングで使うCJM上に、NPS(Net Promoter Score)に基づく“感情解析手法”で得た“Impact Power LINE”(下図青線)と“Current state”(下図赤線)の2つの数値のギャップを表示し、実施すべきマーケティング施策の決定を支援する。2つの数値のギャップを可視化することで、CJM上のどのタッチポイントでギャップを縮める施策を行うべきかという判断を助け、顧客のロイヤルティを高めることができる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]