サイバーエージェント、スマホのアプリとWebを横断したリターゲティング広告を2月末に提供開始

スマホのアプリを利用したユーザーと、Webサイトを閲覧したユーザーの識別が可能に
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントは、スマートフォンデバイスにおけるアプリとWebを横断したリターゲティング広告を実現するSDK(開発キット)の提供を開始した、と2月10日発表した。同社の独自技術により、スマートフォンアプリを利用したユーザーと、スマートフォンデバイスでWebサイトを閲覧したユーザーの識別が可能となるため、アプリとWebを横断したリターゲティング広告の配信が実現する。

サイバーエージェントが提供するSDKを導入することで、広告主は従来のターゲティング広告では実現できなかったスマートフォンアプリのマーク(IDFA、AdvertisingID)を利用したWeb面への広告配信や、Webサイトのマーク(Cookie)を利用したスマートフォンアプリ面への広告配信が可能になる。そのため、スマートフォンアプリユーザーを対象に、高精度なターゲティング広告の配信を実現し、広告主企業の広告効果の最大化に貢献するという。

サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]