ロックオン、広告運用を社内で行うインハウスマーケティングシステム「THREe」をバージョンアップ

他媒体のアトリビューション効果を基にしたリスティング広告の自動入稿が可能に
岩佐 義人(Web担 編集部) 2013/12/12 22:03

インターネット関連ソフト開発のロックオンは、広告運用を自社内で行うインハウスマーケティングシステム「THREe」をバージョンアップし、広告効果測定システム「アドエビス」と連携したと12月9日発表した。これにより、他媒体のアトリビューション効果(成果に対する寄与)を基にしたリスティング広告の自動入稿が可能になる。

リスティング広告自動入稿機能のバージョンアップを記念し、ロックオンでは12月9日より先着50社限定で「THREe・アドエビス連携パッケージ」を特別価格で提供する。これまでTHREeを利用したことのないユーザーが対象で、THREeとアドエビスの2サービスをセットで申し込むと10万円+出稿手数料10%の特別価格で提供する。最低契約期間は半年間。

ロックオン
http://www.lockon.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]